【API Key不要】WPの記事をTwitterへシェアできるBufferの使い方を紹介

ども、ゴマメです。

WordPressの記事を自動でSNSへシェアするプラグインはいくつかありますが、Twitterの仕様変更でAPI Keyの取得が難しくなりました。

API Keyを利用するプラグインでTwitterに自動投稿するには、TwitterのAPI取得が必要です。しかし最近、スパム対策として取得方法が複雑になりました。(英文(300文字)で利用したい理由などを送信して審査してもらう必要があります。)

APIがとれなくて困っている人は多いようです。

唯一Jetpackという選択肢はありますが、機能は低く使い物になりません(初回投稿時しかシェアできない、予約投稿ができないなど)。

今回は、JetPackより高機能に使えてAPI Keyを使わないでSNSへのシェアができるBufferを紹介します。

Bufferを使うメリット

  • API KEYを取得する必要がない
  • 記事の予約投稿が可能(時間指定できる)
  • WordPressの記事だけでなく、気に入ったWebページなどを自分のTwitterアカウントにシェアすることができる
  • HYPE-Social Bufferと連携すると過去記事もランダムで投稿できる

BufferによるWP記事のSNSへのシェアの方法

Bufferへの登録

Bufferへの登録方法はこちらをご覧ください

【Buffer+HYPE-Social Buffer】WPの記事を時間指定でTwitterに投稿する方法を紹介

Chromeに拡張プラグイン「Buffer」を追加

googleで「Chome Buffer」を検索します。

「Chromeに追加」します。

ツールバーにBufferのアイコンが表示されます。

記事をPOSTしてBufferのキューに溜める

Twitterにシェア(投稿)したいページ(サイト)を開く

WordPressの管理画面ではなく、Webページを開きます。

Bufferのアイコンをクリックします。

Twitterへシェアする内容が表示されます。ハッシュタグをつけたいときは、ここで入力します(赤二重下線)。

Add to Queue」を選んで、Bufferのキューに送ります。

Bufferのキューに表示されます。このままだと、Bufferに登録したスケジュール時間でシェアされます。

すぐにシェアしたいときは、「Share Now」を選びます。

すぐにシェアされました。先ほど加えたハッシュタグもついています。

自分のサイト以外への投稿方法

Bufferが他の自動投稿プライグインと大きく違うのは、自分のサイト以外も投稿できる点です。

例えば、YAHOOを開いて、同じようにシェアすると・・・

YahooのページがTwitterにシェアされました。

気になるサイトやページを見つけたら、どんどんBufferに送っておけばスケジュールにあわせてTwitterにシェアすることができます。

記事を書くペースがゆっくりな人は、気に入ったサイトやNEWSなどをどんどんシェアしていきましょう。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。(ゴマメ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です