Bufferにお任せ!投稿した記事をTwitterへシェアする方法

WordPressの記事を自動でSNSへシェアするプラグインはいくつかありますが、Twitterの仕様変更でAPI Keyの取得が難しくなりました。

今回は、API Keyを使わないでSNSへのシェアができるBufferを紹介します。

Bufferを使うメリット

  • API KEYを取得する必要がない
  • WordPressの記事だけでなく、気に入ったWebページなどを自分のTwitterアカウントにシェアすることができる

BufferによるWP記事のSNSへのシェアの方法

Bufferへの登録

Bufferへの登録方法はこちらをご覧ください

Buffer応用編!過去の記事を決めた時間に自動でTwitterにシェアする方法

Chromeに拡張プラグイン「Buffer」を追加

googleで「Chome Buffer」を検索します。

「Chromeに追加」します。

ツールバーにBufferのアイコンが表示されます。

記事をPOSTしてBufferのキューに溜める

Twitterにシェア(投稿)したいページ(サイト)を開く

WordPressの管理画面ではなく、Webページを開きます。

Bufferのアイコンをクリックします。

Twitterへシェアする内容が表示されます。ハッシュタグをつけたいときは、ここで入力します(赤二重下線)。

Add to Queue」を選んで、Bufferのキューに送ります。

Bufferのキューに表示されます。このままだと、Bufferに登録したスケジュール時間でシェアされます。

すぐにシェアしたいときは、「Share Now」を選びます。

すぐにシェアされました。先ほど加えたハッシュタグもついています。

自分のサイト以外も投稿できる

Bufferが他の自動投稿プライグインと大きく違うのは、自分のサイト以外も投稿できる点です。

例えば、YAHOOを開いて、同じようにシェアすると・・・

YahooのページがTwitterにシェアされました。

気になるサイトやページを見つけたら、どんどんBufferに送っておけばスケジュールにあわせてTwitterにシェアすることができます。

記事を書くペースがゆっくりな人は、気に入ったサイトやNEWSなどをどんどんシェアしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です