車を売るならカーセンサーネット!下取りより高く売れる人気の一括査定

カーセンサーネット案内

こんな人におすすめの記事です

  • 車を売りたいけど、高く売る方法がわからない
  • 一括査定をするとしつこい営業電話が心配だ
  • 一括査定をすると個人情報が心配だ

車を売りたいけど、「どうやって売るのが一番得なのかわからない」と悩んでいる人は多いです。

昔は、買取店へ持ち込んだり下取りに出すのが一般的でしたが、最近はネットで一括査定する人も増えています。

売り方法が増えたのはいいことですが、そのせいで決めかねている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、リクルートが運営するカーセンサーネットを紹介します。

なぜなら、国内最大の加盟店数と独自の簡易査定システムによって時間をかけずに高く買ってくれるお店を探せるからです。下取りに出すより絶対お得なのでぜひ最後まで読んでみてください。

また、簡易査定店を指定できる仕組みによって、無駄に個人情報が広まったり、しつこい営業電話に悩まされる心配もありません。

車の売却を考えているなら、ぜひ最後まで御覧ください。

下取りに出すより、買取の方が断然お得な理由

新しい車を買う場合、ほとんどの人が乗っていた車を売却しています。

近くの中古車買取店へ売る(買取)か、販売店で「下取り」として手放すのが一般的です。

どちらがいいのでしょうか?理由を含めて解説します。

下取りは最終的に損をする

下取りは、ディーラーなどの新車販売店が、それまで乗っていた車を買い取り、新車価格から値引くものです。

下取りによる値引きは、純粋な新車の値引きとは別な扱いとされています。つまり、新車の値引きにプラスして下取りによる値引きがあります。

ここに大きな落とし穴があります。販売員には、新車の値引きの限度額がありますが、当然その分を使い切って安くしてしまうと、成績に響きます。

しかし、下取りの値引き枠はそれとは別であるため、新車の値引きは少しにして、下取りによる値引き(=買取額の増額)に焦点を当ててきます。

そのため値引き交渉を続けていると、どちらによる値引きなのかごちゃごちゃになってきます。

本来なら、新車の値引きを限度額まで引き出して、さらに下取りの値引きを限度まで交渉したいところですが、焦点は下取り額UPの交渉になってしまい、新車の値引きが中途半端になってしまいます。

最終的にみると、査定に出すより損をすることになります。

査定だと買い取額だけに集中できる。

中古車買取店に査定を出す場合は、車の買取額だけが交渉の焦点になります。

また、買い取り相場も事前に入手すれば大きな交渉材料になります。

下取りと違って、買い取る側にライバルがいることも大きなポイントです。

複数の店に買い取り依頼を出すことで、競合が生まれ下取りよりも高く買い取ってもらえます。

査定に出すのは手間がかかる?手続きがめんどくさい?

下取りは、名義変更や買取額の充当などはすべてディーラーがやってくれます。

それに対して査定は、何社も査定会社へ車を持ち込んだり、査定自体に何時間もかかります。また、売却時期と新車の購入時期のタイムラグを無くす必要もあります。

最近はネット査定を利用すれば手間もかからない

査定にて手間がかかるのは一昔前の話です。最近ではネットを利用した一括査定が主流となっています。

その中でも、大手のリクルートが運営するカーセンサーネットは、「トラブルなく高く買い取ってもらえる」ため、多くの人が利用しています。

車の一括査定の利用者が増加中

一括査定の利用者数は100万人を超えています。

ネットで申し込むだけで、複数のお店に査定依頼できる手軽さが人気の秘密です。

一括査定の流れ

  • ネットで、一括査定を申し込む(車と申込者の情報を入力)
  • 申し込むと、簡易査定でそのお店の買い取り相場がわかる(簡易査定)
  • 簡易査定の結果をみて、本査定を依頼する(本査定)

簡易査定でお店を絞ってから、本査定を頼めるので効率的に高く売ることができます。

一括査定はトラブルも多い

しかし一括査定には、困った問題があります。

一番の問題は、「営業電話」です。

営業電話によるトラブル

ネットで一括査定に申し込むと、その直後から鬼のような電話がかかってきます。

電話をかけてくるのは、一括査定に登録している買取店です。

なぜ、電話番号を知ってる?

  • 一括査定サイトには、買取店がお金を払って参加しています。
  • 申し込みがあると、その情報は加盟店すべてに流れていきます。

加盟店がいっせいにかけてくるので、大変なことになります。

MEMO
JPCU(一般社団法人日本自動車購入協会)が、夜21時から朝8時までの営業電話を規制していますので、基本的にこの時間にはかかってきません。

勧誘電話をしてくる担当者は、成績を上げようと必死ですから、断るのも大変です。

あいまいな返事をしていると何度も電話がかかってきます。断ると態度が急変する業者もいるためストレスが溜まります。

簡易査定額が低いお店の営業電話に負けて本査定の約束をしてしまうと、高く売ることはできません。

個人情報がダダもれ

一括査定に申し込むと、その情報は加盟店すべてに配信されます。

でも実際に、簡易査定や本査定をお願いするお店は数店です。

関係ないお店にまで個人情報が流れていくのは心配ですよね。

カーセンサーネットで一括査定をすれば問題なし!

たくさんある一括査定の中でも、カーセンサーネットは特に人気があります。

リクルートが運営

カーセンサーネット広告

あの、リクルートが運営していますので会社の規模や信頼性は折り紙付きです。

営業電話のトラブルが起きにくい

一括査定の問題の問題の一つである営業電話に対して対策がとられています。

申し込みの時点で、簡易査定を依頼するお店を選べる

一般的な一括査定では、一度申し込むとすべての加盟店に情報が流れるため、ありとあらゆる業者から電話連絡が入ります。

カーセンサーネット申し込み

カーセンサーネットでは、申し込みの時にどお店に簡易査定をお願いするかを選ぶことができます。

この仕組みはカーセンサーネットならではです。

評判の悪いお店を外すことでしつこい勧誘を防ぐことができます。また、選んだお店からしか連絡がこないのでずっと電話が鳴り続けるという心配もありません。

連絡方法を電話かメールどちらかを選べる

基本的には電話連絡なのですが、申し込みの時にひと手間加えることで連絡方法を選ぶことができます。

任意項目を選んで、連絡希望時間帯のフリーコメントの所に「メールでの連絡のみを希望」と入れます。

カーセンサーネット申込方法

 

とりあえず大体の相場が知りたいのであればメール連絡、電話で詳しく聞きたいのであれば電話連絡を希望しましょう。

カーセンサーネット連絡方法

特にメールOKのお店は確実にメールでのやり取りが可能です。

この方法は100%ではありませんが、ある程度お店を絞り込んで依頼することで、何十件も営業電話がくることはありません。

個人情報は最低限しか使われない

一般的な一括査定では、最初の申し込みの時に住所を含めた詳しい個人情報の入力が必要です。

カーセンサーネット査定申し込み

カーセンサーネットの場合は、氏名、電話番号の他には湯便番号(7桁)の入力だけとなります。

つまり、「~番地」などの住所は入力不要です。

詳しい住所が必要になるときは、絞ったお店に本査定依頼するときだけです。不必要に個人情報が流れることはありません。

トラブルは少ないけど高く売れるの?

カーセンサーネットは営業電話や個人情報の点では安心できます。

でも高く売ることはできるのでしょうか?

加盟店は最大規模

カーセンサーネットはリクルートが運営するだけあって、業界最大規模です。

加盟店は600店を超えており、一度の査定で最大30店に査定の見積もりをもらうことができます。

加盟店の規模はバラバラ

カーセンサーネットに加盟している買取店は、大手ばかりではありません、中規模、小規模の買取店もたくさん参加しています。

加盟店の規模がバラバラであるという点が大きなポイントです。

規模が違うということは探している車の傾向が違うということです。大手の買取店で高い査定がつかなくても、小さなお店がその車をほしがっているかもしれません。

探している車であれば高額査定も期待できます。

規模の違うお店に同時に査定依頼をできるのもカーセンサーネットの大きな利点です。

ゆっくり選べるから高く売れる!?

カーセンサーネットの特徴である「営業電話がこない」も高額査定につながります。

営業電話がこなければ、簡易査定額をゆっくり比較して、高く売れるお店を選ぶことができます。

車の一括査定をするならカーセンサーネット

今回紹介した「カーセンサーネット」は、営業電がこない、個人情報が安心なだけでなく、高い査定が期待できる一括査定です。

詳しくはこちらから

カーセンサーとカーセンサー.netの歴史

中古車情報誌「カーセンサー」

カーセンサー歴史

カーセンサーは1984年に創刊された歴史ある中古車情報雑誌です。

それまでの中古車情報雑誌は、白黒でペラペラの薄い冊子がほとんどでした。

そのなかでカーセンサーは分厚くカラーで見やすく、多くの人に読まれてきました。

現在は地域ごとに16誌に分かれて発売されています。

カーセンサーnetの誕生

1984年

それまでペラペラの小冊子として存在しなかった中古車情報誌を専門誌として発売

同時にお店ごとにバラバラだったフォーマットを統一して見やすく改善

1996年

CARSENSOR on the NETがスタート。その後何度かリニューアルを行い、現在のカーセンサー.netがスタート

1997年

業界では初めて、走行距離の表示を開始

2000年

業界で初めて、修復歴の表示を開始

2004年

そのころ問題となっていた、おとり広告撲滅のため車体番号の表示を開始

おとり広告とは

  • 実際は存在しないのに、注目を集める目的で極端にお買い得な車の広告を出し、問い合わせてきたお客さんには、売れてしまったことにして別の車を勧める手法

車体番号を利用して、売れてしまった車はすぐに非公開にする仕組みを確立しました

2008年

車を売却する時に、一番高く買い取ってくれる買取店を簡単に探せる「カーセンサー.net」のサービスを開始

利用者第一の主義のカーセンサーネット

カーセンサーが創刊されてから約30年、カーセンサーネットの車買取サービスが始まって10年になります。

これまで、利用者の利益を考えて業界に先駆けて革新的なサービスを提供してきました。

カーセンサーネットの買い取りサービスにもその理念が生きています。

車を売るなら、ぜひチェックしてみてください。

安心して車を売るならカーセンサーネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です