障害児者居宅介護従業者(ホーム ヘルパー)の仕事と役割

障害児者居宅介護従業者という仕事について

障害児者居宅介護従業者という言葉を、聞いたことがある方は少ないのではないでしょうか。

障害児者居宅介護従業者とは、名前の通り障害者に対するケアを行うことができる資格です。

介護の資格に加えて障害者ヘルパー資格取得することにより、仕事の幅が増えることもあります。

障害者とその家族を見守る仕事

障害児者居宅介護従業者は、介護の資格がなくても、受講し資格取得可能な資格です。

また、障害児者居宅介護従業者は、障害者の生活の安定や安らぎを与える資格であり、障害者が暮らしやすい環境を提供することが一番の役割となります。

そのため、障害者にとって過ごしやすい環境を提供するために、障害児者居宅介護従業者は実際に在宅において家族とともに障害者を守っていきます。

例えば、障害者が偏見や自身の障害に苦しんでいる状況を理解し、障害者とその家族が安心で安全な生活を送ることができるよう支援していきます。

また、在宅で生活している障害者が、外出するときなども家族だけではできない障害者の支援を行います。

そのため、障害者が家の外でも安心して生活するためには何が必要なのかということを学ぶ事も大切です。

介護の資格があれば免除科目がある

障害児者居宅介護従業者の資格は、無資格者でも試験を受けることができますが、介護の資格を持っている場合には、受講科目を免除することができます。

講義では、介護の勉強とともに障害者の状態やかかわり方、障害者を取り巻く環境などを学びます。また障害者にとって世の中で何が不都合なのかということを考えるのも重要です。

このように、障害児者居宅介護従業者は障害者の全体を理解し、障害者が安全で安心した生活を送れるよう配慮する必要があります。これは高齢者が世の中で生活することと似ている部分があります。

そのため、介護の資格を持っている場合には、障害者の背景を新たに学ぶことで、障害児者居宅介護従業者の資格をとることができます。

また、介護士として障害者と関わる際には、障害児者居宅介護従業者資格を取得しておくことにより、障害者に対しての対応方法を学ぶことができます。

これは、介護士としてのスキルアップにつながる重要な資格となります。

通信制と通学制で資格取得可能

障害児者居宅介護従業者の資格は、様々なスクールで通信制と通学制で学ぶことができます。

また、通信制の場合には、通学制と同じように紙面上の勉強だけではなく、実務として実習を行わなければなりません。そのため、スクーリングなどが必要となり、すべてを紙面上だけで資格取得することはできません。

障害者の状況は、紙面だけで学ぶことは難しく、実際にどのようなケアを行うことが必要なのかということを、自らが体験し実習を通して学んでいく必要があります。

また、障害児者居宅介護従業者は一人で担当することになることも多いため、何かあったときにすぐに対応できる応用力も身につけていく必要があります。

他の介護資格にプラスして取得するのがおすすめ

障害児者居宅介護従業者資格は大切な仕事ですが、この資格だけでは就職・転職にはあまり有利とはいえません。

まずは、介護職員初任者研修など他の介護資格をとり、それに追加して障害児者居宅介護従業者資格を取るのがおすすめです。

かいご畑は介護資格が無料でとれる。働きながら介護職員初任者研修をとろう 介護資格をとると給料が上がる理由。上がらない理由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です