介護資格がタダでとれる。ハロートレーニングとは?

ハロートレーニングとは、ハローワークで行われる職業訓練の事です。

ハロートレーニングで介護資格が無料でとれる

全国のハローワークでは、職業訓練の一つとして介護職員初任者研修講座を開設しています。

条件を満たせば無料で受講することができます

ハローワークで介護資格講座を受講できる条件

ハローワークの職業訓練には、「求職者支援訓練」「公共職業訓練」の2種類があります。

どちらでも無料で介護職員初任者研修を受けることができますが、受講者の状況によって受けられる訓練が違います。(※テキスト代は別途かかります)

現在仕事をしてない

まずは、現在仕事をしていないことが大前提です。仕事をしている人は、受けることはできません。

雇用保険受給資格の有無による違い

雇用保険受給資格とはいわゆる失業保険のことです。

〇失業保険の受給資格がある場合は、公共職業訓練を受けることになります。

〇失業保険の受給資格がない場合(※2)は、求職者支援訓練を受けることになります。

※2:失業保険を受給できない求職者とは

雇用保険の適用がなかった方、加入期間が足りず雇用保険の給付を受けられなかった方、雇用保険の受給が終了した方、学卒未就職者や自営廃業者の方等を指します。

どちらの場合も介護職員初任者研修講座を無料で受けることができます。


厚生労働省HPより

厚生労働省では、この「離職者訓練・求職者支援訓練」をハロートレーニングと名付けています。

なぜ、ハローワークで介護資格をとらない?

ハローワークで無料で介護資格がとれるなら、みんなが利用しそうなものですが・・・。

実際には民間のスクールや専門学校に行って資格をとっています。

それには、理由があります。

ハロートレーニングは倍率が高い

介護職員初任者研修は、介護の基本を学ぶ入門的な資格です。

しかし、この資格があるだけで就職や転職に有利になるだけでなく、給与待遇などが上がります。
また家族の介護のために知識や技術を学びたい人はたくさんいます。

それが無料でとれるとなれば、人気がでるのは当然と言えます。

実際に、各自治体のハローワークには常に定員を超える申し込みがあります。地域によっては5倍以上の倍率となります。

高い倍率を勝ち抜くには、試験にパスしなければなりません。

ハロートレーニングを受けるには試験・面接を受けなければならない


出典:厚生労働省HP

1.ハローワークで求職・職業相談をします。

2.ハロートレーニングの受講申し込みをします。

3.選考試験と面接試験を受けます。

  • 選考試験では一般常識問題試験、作文、面接があります。一般常識問題は研修の内容が理解できるかどうか判断するだけですので、中学生レベルの知識があれば十分です。作文・面接では、なぜ介護の仕事をしたいのか?なぜ介護の資格をとりたいのか?自分の気持ちをアピールします。

4.選考の結果、試験に合格したらハロートレーニングを受講することができます。

不合格だった場合、また申し込むことができますが、また試験を受ける必要があります。

ハロートレーニングのカリキュラムや決まりが厳しい

ハロートレーニングは、失業者を対象としています。そのため基本的に平日に行われます。

つまり土日や夜間は行われません。

また、カリキュラムは、ぎっちり組まれています。週5日(月曜~金曜)の毎日8時間の講義・実技が3か月続きます。レポートの提出も毎日必要です。

また、基本的に欠席は認められていません(冠婚葬祭、体調不良のみ)。

通学中は、私的な用事は入れることができません。

このようにハロートレーニングで介護資格を取るのは予想以上に大変です。

まとめ

介護資格をハロートレーニングでとるには、高い倍率の試験を合格して、毎日欠かさず通う必要があります。

タダだからと安易な気持ちで申し込むと大変です。

厳しいと感じるかもしれませんが、それだけ本気の人しか受けることはできません。

時間的な余裕をもって資格を取りたい人は、民間スクールでの受講をおすすめします。

介護資格が格安でとれる!授業料が安くなる限定情報はシカトルで!

介護資格を取りたいけど、お金がと時間がない人は「かいご畑」をおおすすめします。

かいご畑は介護資格が無料でとれる。働きながら介護職員初任者研修をとろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です