ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い

2013年の介護保険法の改正によってホームヘルパー2級は廃止され、新たに介護職員初任者研修資格が作られました。

新しい制度では、ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修は同等の資格とされています。

ですから、すでにホームヘルパー2級の資格をもっている方は、介護職員初任者研修を受ける必要はありません。

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修資格はどちらも介護の基礎を学ぶ大切な資格です。

とはいっても、作られた時期や目的の違うため研修内容が少し違います。

ホームヘルパー2級と比べると介護職員初任者研修は、講義の時間と実習が減ってその分実技が増えました。

介護の基礎を学ぶ研修の内容が違う理由

ホームヘルパー2級の正式名称は訪問介護員2級養成研修です。研修名が表すとおり、訪問介護に主体をおいた研修です。

訪問介護では、要介護認定となった高齢者の自宅を訪問して調理や入浴、排泄などの支援を行います。そのため研修内容は、訪問看護に関する内容が主でした。

それに対して、介護職員初任者研修では、訪問介護に限らず介護施設、老人保健施設などでの介護に必要な知識を学びます。これは時代と共に介護の形態が変わってきたためです。

介護職員初任者研修は以前に比べて広い知識を学びます。また、介護福祉士が目指しやすいように実務者研修とつながりのある内容が組まれています。

このように二つの資格は、時代や目的が違うため、研修内容が違います。

具体的な研修内容の相違点

研修時間はどちらも130時間です。

この中で大きな違いは、「実習の有無」です。ホームヘルパー2級では、介護施設に行って30時間の実習を受けます。

介護の現場で、実習することで、介護のがどのような仕事なのかを学びます。

それに対して介護職員初任者研修では、実習はありません。その代わりにスクールでの演習(実技)を行います。

ベテランの講師に教わりながら生徒同士で介護者と要介護者にわかれて演習を行います。

ホームヘルパー2級での施設での実習も貴重な体験ですが、受け入れ施設によって実習の質に差がありました。それに比べるときめ細かい指導や演習が行えます。

講義としては、施設での介護も考慮して、「医療の連携」、「認知症の理解」が追加されました。

最後に評価試験が追加されたことも大きな違いです。

まとめ

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修は、同等の資格ではありますが学ぶことが多少違います。

現在の介護事情に即しているのは介護職員初任者研修ですので、ホームヘルパー2級の方は仕事内容に合わせて不足分を補いましょう。

もし資格をもっていないなら、まずは初任者研修から挑戦してみましょう。

かいご畑は介護資格が無料でとれる。働きながら介護職員初任者研修をとろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です