子供達にiPhoneのゲーム時間・Youtubeの時間を守らせる方法

最近は、親のiPhoneやiPadを借りて、ゲームをしたりYoutubeを見る子が増えています。

子供達にとっては楽しくてしょうがない時間ですから、時間を決めたとしても、なかなか守ってくれません。

気づくとずっとやり続けています。

今回は、強制的にプレイ時間を守らせる方法を紹介します。

タイマー機能で強制的に終わらせる

iPhone(iPad)の時計の中に「タイマー」機能があります。

時間が経つと、指定のアラーム音を鳴らすことができます。

でもアラーム音だけでは、子供たちはやり続けてしまいます。

タイマー終了後の設定を変える

そこで、タイマー終了時の設定を変えます。

アラーム音のリストの一番下にある「再生停止」を選びます。

タイマーをスタートして、子供達にiPhone(iPad)を渡します。

ゲーム中に時間がくると強制的にホーム画面に戻ります。

iPhone、Padnにパスワードをかけておけば、子供たちはそれ以上使うことはできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し強引な感じもしますが、確実に時間を守らせることができます。

子供たちのゲーム時間にお悩みであればぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です