コンビニで見つけた「じゃが湯りこ」を食べてみた。

コンビニで新しいじゃがりこを発見。

 

じゃがりこ、おいしいですよね。

ゴマメもよく食べます。

特に好きなのは、サラダ味です。

かなり前ですが、じゃがりこのサラダ味にお湯を入れるとポテトサラダみたいになる!と話題になりました。

もちろんゴマメも試しました。

ポテトサラダそのまま!とまではいきませんがかなりおいしかった記憶があります。

じゃが湯りこを発見!

先日、コンビニをうろうろしていると!

じゃが湯りこなるものを発見。

しかも熱湯3分とも書いてあります。

まさしく、ポテトサラダにするためのじゃがりこです。

カルビーの公式サイトでもプレスリリースされてました。

カルビー株式会社は、10月23日(水)の「じゃがりこの日」に合わせて毎週「じゃがりこ」に関する施策を展開する「じゃがりこPOWER WEEKS」を実施しています。その第3週目は、「じゃがりこ」としても「ポテトサラダ」としても楽しめる商品『じゃが湯りこ』を2019年10月21日(月)から首都圏エリアのコンビニエンスストア先行で順次発売します。

~開発経緯~
一部の「じゃがりこ」ユーザーの中では、「じゃがりこ」にお湯をかけてポテトサラダ風にして食べるという「じゃがりこ」をアレンジした食べ方を楽しんでいただいています。
そしてこの度、お客様のニーズにお応えして、この「じゃがりこ」ユーザー発の食べ方を商品化できないかと考え、開発に着手しました。通常の「じゃがりこ」のカップは、耐熱性ではないため、カップを耐熱性にし、カップに直接お湯を入れて調理することを可能にしました。また、「じゃがりこ」そのものとしても、「ポテトサラダ」としても、美味しく味わっていただけるよう、生地に練り込む具材の種類や量を調整することに苦労し、約70回の試作を繰り返して完成しました。

ゴマメ

かなり本気で作ったみたい

さっそく実食してみた。サラダ味との食べ比べ!

じゃがりこ

大きさは同じだけど、内容量が違う。じゃがりこは、60g、じゃが湯りこは48g。

じゃがりこ湯をそそぐ

作り方は、熱湯80ccを注いで3分待ってかき混ぜるだけ。

写真をみてわかるとおり、じゃが湯りこの方が短いです。そのおかげで80ccだけでも全体がお湯につかります。

数回かき回すと、あっという間にポテトサラダ風になりました。

じゃがりことじゃが湯りこ

左側がじゃがりこ、右側がじゃが湯りこです。じゃがりこの方は長いため、全部がお湯につからず、一部スティック状の部分があります。

それば触感としてはいいかも。

写真見てわかるとおり、じゃが湯りこの方が色が濃いです。

材料としては北海道産のスィートコーン、ベーコン、にんじん、パセリ、オニオンが使われているようです。

あっさりしたじゃがりこに比べると、じゃが湯りこは、味が濃くてちょっとだけスパイシーでした。

つまみにはもってこいの味でした。

ゴマメ

マヨネーズとねぎをトッピングしたら絶品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です