介護スクールを選ぶときの注意点と良いスクール探しのポイント

介護スクールはどこに注意して選べばいいの?

日本の高齢化は急速に進んでおり、介護士が不足しています。

そのため介護資格は人気が高まっており、様々なスクールが開講していいます。

いろいろありすぎてどこのスクールに通うか悩む方も多いのではないでしょうか。

インターネットなどで調べても、どこのスクールも似たようなことしか書かれていいません。また、概要だけしかわからず、スクールのカリキュラムやシステムなど詳細がわからないことも少なくありません。

そのため、スクールに通ってから後悔してしまう方も増えています。

ここでは、介護資格のスクールを選ぶ時のポイントについてご紹介いたします。

価格にとらわれない

同じ介護の資格を取るのであれば、だれでもできるだけ安く済ませたいものです。しかし、「低価格」や「今だけ」などと言う言葉に誘われ、内容を十分に確認しないまま受講を申し込んでしまうことは失敗の元です。

特に、介護資格のスクールはたくさんあり、顧客を取るためにスクールも必死です。そのため、いかに低価格で顧客を呼び込むかということに重点を置いているところも多くあります。

しかし低価格には何か裏があります。カリキュラムが過密であったり、受講場所への交通の便が悪いなど低価格にしないと受講生が来ない理由があるはずです。

インターネット上の情報だけでなく、必ず資料請求をしていくつか比べてからスクールを決めましょう。

資格合格率をチェックしよう

介護資格のスクールでは、それぞれその人に合った資格取得が可能となっており、介護士を目指す方が通学しています。

そのなかで、介護福祉士などの上級の介護資格はに通ったから合格するというわけではなく、外部の試験を受けなければ合格とはなりません。そこで、介護資格のスクールを選ぶ際には、資格合格率を確認してみましょう。

特に、難関であるケアマネージャーや介護福祉士などの合格率を確認することで、そのスクールのレベルがわかります。

レベルの高いスクールの講義はわかりやすく、知識が身に着けやすくなります。また、サポートも充実しているといえます。

そういうスクールであれば、介護職員初任者研修や実務者研修も丁寧に教えてくれる可能性が高いです。

卒業後の就職先をチェック

介護士として働きながら資格取得する方もいますが、中には介護の資格を取得し就職をする方もいます。

また、介護資格のスクールに通学し、転職する方も少なくありません。そこで、介護資格のスクールを受講し、資格取得後の就職先をチェックすることも重要なことになります。

特に、介護資格スクールにおいては、試験合格率だけではなくその後の働き方なども記載されていることが多く、自身が将来なりたいと思っている職種についているかどうか確認することができます。

そのため、ただ単に合格率や価格だけではなく、卒業後の就職先など卒業生の状況などもチェックすることがポイントとなります。

さらなるスキルアップができるかチェック

介護資格の中には、介護職員実務者研修や介護実務者研修のように難しい卒業試験のない資格から、ケアマネージャーや社会福祉士など、難易度の高い資格があります。

このような難易度の高い資格に対して、介護資格のスクールが対応しているのかを、確認しておきましょう。

難易度の高い資格の講義も開催しているスクールであれば、レベルの高い講師陣がいることがわかります。

また、更なるスキルアップができる介護資格のスクールかどうかもチェックしておくことが大切になります。

介護スクールの詳しい情報はパンフレットが一番

ここまで紹介した、チェックするべき介護スクールの情報はネットでは十分に知ることはできません。

各スクールが発行しているパンフレットを手に入れましょう。

まとめて手に入れるには、一括で資料請求できる「シカトル」などのサービスが便利です。入学してから後悔しないようにしっかり調べておきましょう。

介護資格が格安でとれる!授業料が安くなる限定情報はシカトルで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です