介護職員初任者研修をとるメリットと介護スクールの選び方

介護職員初任者研修について

介護職を目指す人であれば、一度くらいは聞いたことがある資格。それが「介護職員初任者研修」です。

この資格は、これから介護の仕事を始めるにあたり「必要最低限の知識と技術、介護に対する考え方を身につけ、基本的な介護業務を行えるようになる」ための研修です。

決められた研修を終えることで、介護職員初任者研修資格得ることができます。

介護職での一番基礎的な資格であり、一度取得してしまえば一生使える資格です。

MEMO
必要最低限の知識と技術といっても、内容は専門的なことばかりですので資格をもっていない(専門的な勉強をしていない)人と比べると知識量は雲泥の差です。

まずは基礎を学ぶという意味でもぜひとっておきたい資格です。

旧制度での資格と介護職員初任者研修の関係

介護職員初任者研修は、2013年の介護保険法の改正に伴って新たに作られた研修資格です。

それまでは、「ホームヘルパー1級、2級(訪問介護員養成研修1級、2級)」や「介護職員基礎研修」などがありましたが、資格を取るための方法(養成過程)が複雑でした。

例えば、介護資格の中で一番上の資格であり、国家資格でもある介護福祉士になるための方法がいくつもありました。

そのため、自分の資格とキャリアで国家試験の受験資格があるかさえわかりにくい状況でした。

それ以外の資格でも、それぞれの資格で学ぶ領域が重複しており、複数の資格をとっても無駄な部分ありました。このような仕組みが介護資格の普及を遅らせていると考えられ、2013年の改正につながりました。

旧制度の資格は、新制度ではこのようになりました。

それぞれの資格に必要な知識が重複しないように工夫されています。

MEMO
※改正に伴い、ホームヘルパー1級、2級(訪問介護員養成研修1級、2級)、介護職員基礎研修は廃止されました。

この改正によって、上の資格を目指すための方法がわかりやすくなり、キャリアアップがしやすくなりました。

介護職員初任者研修をとる意義(メリット)

介護職員初任者研修は、介護の仕事をする人にとって最初のステップとなる資格です。

決められた講義と実技講習を受講することでとることができます。

介護の仕事は、資格がなくてもできます。しかし専門知識が不足していれば、意味もわからず与えられた指示をただこなすだけになってしまいます。

基礎的な専門知識を身につけることで、仕事にやりがいで出てきます。また、先輩や上司にあたる人から指示を受けても、それを理解し実行することができるようになります。

MEMO
介護の仕事は、人(要介護者)が相手です。すべての人に同じやり方は通じません。身に着けた専門知識を使って、工夫しながら介護をすることで、より良い関係を築くことができます。

就職や待遇アップには欠かせない

最近では、介護職員初任者研修資格をもっていることが、採用の条件となっている所も増えてきています。また、資格手当てという形で給与に反映させているところもあります。

まずは、介護職員初任者研修で基礎を固めてから、次の資格にステップアップしていきましょう。

介護職員初任者研修資格を取るために必要なこと

介護職員初任者研修は国家資格ではありませんが、厳しい基準を満たした事業者だけが実施するため、ある程度公的な資格と言えます。

そのため、厚生労働大臣が定めた基準に基づいて、都道府県が指定した事業者が実施する合計130時間の研修を受講する必要があります。

介護資格講座受講の方法

受講の形態は、大きく分けて通学制通信制の2つがあります。

通学制は、入学したスクールに通って講座を受講します。

通信制は、送られてきた教材を使って自分で学習します。しかし一部の科目(演習や実技)に関しては通学が必要です。

MEMO
所定の研修が終了したら、評価試験を受けて終了となります。試験といっても、確認程度の試験ですのでほとんどの人が合格できます。(もし落ちても補講や再試験も可能ですので心配いりません)

通学制と通信制の違いとメリット、デメリット

通学制と通信制どちらにするか悩んでしまいますが、それぞれの特徴を考えて選びましょう。

どちらにもいい点、と悪い点があります。

通学制:通学による受講

受講者の7割近くが通学制を選択しています。

通学制は、決められたカリキュラムにしたがって、スクールに通って研修を受けます。1日で受けられる科目数はスクールのカリキュラムによって違います。

早く研修を終えたい場合は、夜間や土日も開講しているスクールを選びましょう。

通学制のメリット

同じ目的をもった人たちが集まるので、仲間意識が高まりモチベーションが上がります。また、わからない点はすぐに先生や仲間に聞くことができます。

仲間ができることで仕事や就職に関して情報交換ができるという点もメリットといえます。

通学制のデメリット

費用は、通信制に比べると割高です、また、通学するための手間や時間がかかります。なるべく近くで講座を開催しているスクールを選びましょう。

通学制はこんな人に向いています

少し手間やお金がかかっても、仲間と一緒に学びたい人に向いている受講方法です。

通信制:自宅で教材による受講

受講者の約3割が通信制を選択しています。

通信制は、教材にしたがって、自分で学習していく方法です。(ただし※130時間のうち実技や演習として40時間は通学する必要があります。)

通信制のメリット

最大のメリットとしては、約90時間分の科目は通学する必要がないため、他の仕事をしていたり子育てや家事が忙しくても、資格がとりやすい点です。

通信制デメリット

スクールに通う必要がない反面、自分で計画的に学習していく必要があります。また、わからない点があっても気軽に聞ける先生や仲間がいません。

通信制はこんな人に向いています

基本的には自己学習であるため、費用は安く抑えることができます。

忙しい人、費用を節約したい人に向いている受講方法です。

働きながら介護資格をとる

すでに介護の仕事をしていたり、育児などでスクールに通う時間のない人には、働きながら資格をとる方法があります。

例えば「かいご畑」で申し込んで、ニッソーネットからの派遣で介護の仕事を始めれば無料で介護資格を受講できます。

最初は無資格で介護の仕事を始めて、働きながら資格をとれば大きなキャリアアップになります。

かいご畑は介護資格が無料でとれる。働きながら介護職員初任者研修をとろう

受講方法を選ぶときのポイント

どの受講方法が合うかは、人それぞれです。受講にかかる期間や講座の開催場所、受講料はスクールによって全然違います。

大手でも小規模スクールでもそれぞれメリット、デメリットがあります。

まずは、どんなスクールなのか?自宅の近くで講座を受講できるのか?どのくらいの費用がかかるのか?などを中心に探してみましょう。

最低でも3社は比べてみることをお薦めします。

まとめ

介護職員初任者研修は、介護の基礎の基礎を身に着けるための大事な研修です。

介護の仕事をしていくなら、必ず受けておくべき研修です。

これから介護の仕事をする人はどんどん増えてきます。今なら資格をもっていない人も多いですが、そのうち持っているのが当たり前になっていきます。

入所者のために良い介護をするためにも、仕事に見合った良い待遇をうけるためにも、いち早く研修資格をとって、より上の資格を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です