マスクの除菌に!おすすめのUV(紫外線)消毒ボックス

コロナウィルスの感染対策にはマスクが重要

コロナウィルス(Covic19)の感染が拡大しています。

日本もこれからピークに向かって感染者が増加していくと予想されています。

感染予防には、手洗いが一番有効といわれていますが、その次に重要なのはマスクの着用です。

当初は、マスクの着用は予防には効果がない、手でマスクに触れたら意味がないとも言われていますが、最近では見直されています。

マスクは飛沫感染による拡大を防ぐ

コロナウィルスは飛沫感染するといわれています。無症状でも感染していれば咳をしたときに広範囲にウィルスを撒き散らしてしまいます。そのときにマスクをしていれば、すべてではありませんが、少なくとも唾液に含まれるウィルスはマスクでブロックされるため飛散を防止することができます。

それに加えて、目の前で感染者が咳をした場合、自分の口や鼻に直接飛んでくるのを防ぐ事ができます。

マスク不足は消毒して再利用で乗り切ろう

とはいっても、日本は深刻なマスク不足です。各企業でマスクを増産していますが、現在は政府が買い取って備蓄しつつ、限られてところに供給している状態です。

買いたくでも売っていないのが現状です。こうなってしまっては、少ないマスクを再利用するしかありません。

一度使ったマスクは、外部や自分が出したウィルスが付着している可能性があり、本来なら再利用は推奨されていません。

そこで、今回はマスクを紫外線で除菌できるアイテムを紹介します。

マスクはUV(紫外線)で除菌するのがベスト

コロナウィルス自体は、構造的に弱いといわれています。

ウィルスの表面はエンベロープと呼ばれる脂質の膜でできているため、石鹸やアルコールで簡単に壊れます。壊れてしまえば死滅するため感染力はなくなります。

同じようにUV(紫外線)にあたるとウィルスは活性を失い死滅するといわれています。

消毒用アルコールは、マスクと同じように不足しており簡単には買えません。また、アルコールで除菌してしまうと、乾くまで使うことができません。

そこでおすすめなのが、短時間に除菌できるUV(紫外線)を利用した方法です。

紫外線(UV)を利用した除菌アイテム

家族で使うなら余裕のBOXタイプでマスクを除菌

コンパクトで携帯できるから会社や自宅でも仕えるタイプでマスクを除菌

家族や会社のみんなで使うなら安心の業務用UV消毒器でマスクを除菌

携帯型なら持ち運べるので、家でもオフィスでも仕えます。

確実に除菌したい&大人数で使いたい(会社など)なら、安心の業務用がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です