歯磨きしても息が臭いなら、プロデンティスで乳酸菌を増やそう(レビューあり)

毎日歯磨きしていても、息が臭い・・・

対人関係で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

歯磨きやマウスウォッシュでも効果がないのなら、口の中が悪玉菌だらけかもしれません。

口の中は細菌のでいっぱい

実は、口の中は細菌だらけです。

500種類の細菌が約100億個いると言われています。

その中には、良い菌も悪い菌もいます。

口の中の悪玉菌と善玉菌

口の中の細菌は悪玉菌善玉菌に分けることができます。

悪玉菌の代表格はミュータンス菌ラクトバチラス菌などの腐敗菌です。虫歯の原因になります。

善玉菌の代表格は乳酸菌などの発酵菌です。悪玉菌を減らす働きをします。

悪玉菌と口臭の関係

悪玉菌であるミュータンス連鎖球菌は、砂糖(スクロース)を分解してブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)を作り出します。

グルコースがたくさんつながるとグルカンとなり、いわゆる歯につく歯垢(プラーク)になります。

プラークはネバネバしており、簡単にはとれません。プラークという栄養源の中でミュータンス菌は増え続け、酸を作り出すため、虫歯の原因となります。

プラークは、固まってしまうと歯石となり、歯磨きでは取ることができなくなります。

歯石やプラーク内のミュータンス菌は、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)を作り出すため、口臭の大きな原因となります。

悪玉菌が多いとプラークができやすくなる

口の中には悪玉菌と善玉菌が住んでいますが、その割合は人それぞれです。

その割合は、幼少期に決まると言われています。

生まれたばかりの赤ちゃんには悪玉菌はいません。歯がないからです。

歯が生えてくると、悪玉菌と善玉菌の戦いが始まります。

幼少期に一生の口内環境が決まる

ある期間が経つと、口の中の悪玉菌と善玉菌の割合が決まります。

菌は、無限に増えることはできません。総数はほぼ一定で、菌の割合は一度決まってしまうとほとんど変わりません。

幼少期に悪玉菌の割合が多いと、その後もプラークが溜まりやすくなり虫歯のできやすい体質となります。つまり口臭も出やすくなります。

逆に幼少期に善玉菌の割合が多ければ、虫歯になりにくく、ずっと健康な歯を保てます。

MEMO
大人が使ったスプーンで乳幼児に食べさせて行けない理由は、大人の悪玉菌がうつってしまうからです。同じコップもよくありません。

イソジンで除菌すれば悪玉菌はなくなる?

  • イソジンなどの除菌剤で一時的に口の中を除菌しても、完全にゼロにすることはできません。(除菌成分はバイオフィルム内には届かないため必ず残ります。)わずかに残った菌は、一晩で数百倍~数千倍に再増殖します。菌の割合も変わらないのでこれば口内環境は元のままです。

悪玉菌を減らして、虫歯になりにくく、口臭のない口内環境を作るには菌の割合を変える必要があります。

バクテリアセラピーなら善玉菌を増やせる

幼少期に決まってしまった口内細菌の割合は、何もしなければそのままですが、バクテリアセラピーで変えることができます。

バクテリアセラピーとは

人体には約2㎏のバクテリアが常在していると言われています。その中の善玉菌と悪玉菌の割合が体の健康に大きな影響を与えることがわかっています。

バクテリアセラピーは、善玉菌を増やすことによって悪玉菌を減らし、体内環境を改善させる目的で行われます。

口腔内に対するバクテリアセラピーは、虫歯や歯周病、口臭の原因となる悪玉菌に対して効果があることが臨床試験などで証明されています。

最近、〇〇セラピーと称する療法がたくさん登場していますが、中には科学的根拠に乏しいものも見られます。

バクテリアセラピーは、古くから国際医療学会で使われている用語です。

「バクテリアセラピーとは病原菌の抑制・制御を行う効果の確認されている菌株を摂取することで、宿主の菌叢を良好に維持または再建する技術。」(1946, Florey, 1999, Hillman)と定義されており、欧米を中心に永年に亘って研究が進められてきた確固たる医療技術分野です。 @biogaia公式サイト

従って「バクテリアセラピー」は、論文や臨床試験などで学術的な効果が証明されている医学的な知見に基づいた治療技術を指しています。

生きた乳酸菌が口の中を変える

バクテリアセラピーでは、善玉菌としてプロバイオティクス(生きた乳酸菌)が使われます。

その中でL.ロイテリ菌は、口腔内に定着しやすく口腔内の病原菌の大敵と言われています。

また、腸内でも生存できるため腸内環境にも良い影響を与え、全身の体内環境を改善します。

バクテリアセラピーの効果

  • 口腔内の悪玉菌の除菌
  • 腸内環境の改善
  • 胃の中のピロリ菌の減菌
  • 免疫力の増加

歯科医院でもバクテリアセラピーが行われている

最近はバクテリアセラピーを行っている歯科医院が増えています。その中の一部を紹介します。

中央歯科HP

ちはら歯科医院

大阪歯周病治療センター

とどろき歯科医院

バクテリアセラピーは自宅でもできる

上記で紹介した歯科医院で行なわれているバクテリアセラピーでは、自宅でも簡単に行えます。

共通して使われているのは、バイオガイアの製品です。

ProTectis (プロテクティス)

プロテクティスには、母乳由来のロイテリ菌株を1粒あたり一億個以上配合しています。ストロベリー味のタブレットになっています。

母乳由来のロイテリ菌の特徴

この菌株の特徴は、胃酸や胆汁への耐性があるので腸まで生きて届くことができ、またロイテリンという抗菌物質を分泌することで消化器官内に定着することでむし歯菌・歯周病菌・ピロリ菌・口臭の原因となる悪玉菌といった様々な悪玉菌を抑制し、善玉菌優勢な体内細菌バランスに整えるよう働きかけます。@Biogaia 公式サイト

母乳由来のロイテリ菌は主に腸内をターゲットにしていますが、口腔内の悪玉菌の減少にも効果があります。

Protectis プロテクティス 30錠

Protectis プロテクティス 30錠

3,240円(12/07 13:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

Prodentis(プロデンティス)

プロデンティスには、プロテクティスに含まれる母乳由来のロイテリ菌株(1億個/粒)の他に加えて、口内由来のロイテリ菌株も一億個以上配合しています。つまり、1粒当たり合計2億個以上のロイテリ菌株を含んでいます。
ミント味のタブレットになっています。

口内由来のロイテリ菌株の特徴

この菌株の特徴は口腔内に定着して歯肉の出血や炎症を抑制するはたらきがあります。ですから、母乳由来の菌株むし歯菌や歯周病菌など様々な悪玉菌を抑制し、口腔由来の菌株で炎症を緩和するWの効果があります。
@Biogaia 公式サイト

口内由来のロイテリ菌は、母乳由来のロイテリ菌よりも口腔内に定着しやすいため、より高い効果が期待できます。

 

プロデンティスには、プロテクティスに含まれる母乳由来のロイテリ菌に加えて、口内由来のロイテリ菌も含まれていますが、価格は同じです。

口臭や口内環境を良くしたいならプロデンティスを選びましょう。

<レビュー>プロデンティスを使ってみた感想

普段はあまり気にしていないのですが、胃が荒れているとき、口内炎ができている時は口臭が気になります。

胃腸も口内環境も整える目的で、プロデンティスを使ってみました。

中身入ってる?というくらい軽い箱です。

銀色のシートが3枚入っています。1シートに10粒で合計30粒入っています。

白いタブレットに緑のミント粒が入っています。

使ったタイミング

バイオセラピーは、口腔内に善玉菌を増やすのが目的です。
歯磨きや洗口液を使って、歯垢に含まれる悪玉菌を減らしてから使った方が効果的です。

寝る前の歯磨きの後に使いました。

使用後の変化

ちょっと特徴的なミント味でしたが、すぐに慣れました。

使ってみて5日目までは特に変化ありませんでしたが、その後は口の中がピリピリした感じになりました。

これは乳酸菌が口内に増えてきた徴候のようです。

その他の変化としては、以前は朝起きた時に口の中のネバネバしていたのですが、それが無くなっていきました。また、歯磨きをした時以前より短時間でツルツルになりました。

2週間ほどして、常時口の中がピリピリするようになりました。このピリピリ感は不快なものではなく、心地よい感じがしました。

このピリピリ感は

       ピリピリ感がある=乳酸菌が増えている=>口臭が抑えられている

となり、気持ち的に過度に口臭を気にしなくて済むようになりました。

長期的な変化

3週間くらいまではタブレットを毎晩食べていましたが、その後は3日に一度くらいの割合で食べています。

追加購入しましたが、3日に1度に食べているので、30粒×3=90日となり、3カ月に1箱で済むようになりました。

3日に1度のくらいの割合でも、口の中のピリピリ感はなくならないので、ロイテリ菌(乳酸菌)はしっかり定着していると思います。

1カ月当たり1000円で、口臭の悩み口内環境の改善、まだ実感はできていませんが、免疫力などの増加などに効果があるのであれば、十分に元は取れているように思います。

そんなわけで、ゴマメとしてはプロデンティスによるバクテリアセラピーは大成功だったと思っています。

Protectis プロテクティス 30錠

Protectis プロテクティス 30錠

3,240円(12/07 13:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です