パソコンでの写真管理|Windows10でも使える無料画像管理ソフトPicasa3の使い方

  1. パソコンの画像が大量すぎて整理できない。
  2. 画像がいろいろなフォルダや、外付けのHDDにも分散していて探すのが大変
  3. 残しておきたい写真、プリントしたい写真だけを簡単に選びたい。
  4. 大事な写真だけを選んでCDやDVD、ブルーレイディスクに保存したい

しかも、無料ソフトで・・・。

それなら、Picasa3が解決してくれます。

Picasa3は無料の画像管理ソフト

Picasa(ピカサ)はgoogleが無料で提供していたデジタル写真管理ソフトです。

もともとは、デジタル画像管理会社のPicasa社が開発したソフトウェアです。

2004年にgooleがPicasa社を買収したことをきっかけに無料で公開されました。

その後、Picasa⇒Picasa2とバージョンアップし、最終的にPicasa3となりました。

現在、googleはgoogleフォトというサービスを展開しており、それに伴ってサポートを終了しています。

Picasa3でできること

簡単に画像がとりこめる

インストールが終わると、PC内の画像をスキャンされます。

スキャンされた画像はPicasaに肝付けされ、ツリーに表示されます。

PC内のフォルダだけでなく、接続している外付けHDDやUSBも対象にすることができます。

フォルダを指定すれば、スキャンして取り込みたい画像を選ぶことができます。

注意
Picasaでいう取り込みは、Picasaに写真を保存するわけではありません。その画像に紐付けされるということです。つまりPicasaで表示される写真は、その元データのフォルダ内を参照していることになります

画像の取り込み追加も自動でできる

一度スキャンしておけば、その後新たにパソコンに画像が追加されるたびに、自動でスキャンされ紐づけされます。

GooleフォトとPicasa3の違い

現在googleは、Picasaに代わってgoogleフォトというサービスを展開しています。

Picasa3と機能的には似ていますが、決定的に違う点があります。

Gooleフォトの特徴

Picasaとgoogleフォトの一番の違いは、画像の保存先です。Picasaはパソコン内の画像を管理しますが、googleフォトは、ネットに保存した画像(クラウド上)の画像を管理しています。

そのため、画像はネット上にアップロードして、専用のサーバーに保存する必要があります。

これによって、PCだけでなくスマートフォンなどからいつでも見ることができるため、とても便利ですが、問題点もあります。

Gooleフォトの問題点

アップロードに時間がかかる

管理する画像をアップロードする必要があるため、画像が大量にある場合は非常に長い時間がかかります。

見るときにタイムラグがある

管理されている画像はすべてネット上のクラウドに保管されているため、見るときに少しタイムラグを感じます。(~1秒待たされる程度)

ネット回線のスピードにもよりますが、パラパラと見るのには向きません。

プライベートな画像をクラウドに預けるリスクがある

googleフォトはgoogleアカウントと紐づいているため、アカウントが乗っ取られた場合や不正にアクセスされた場合、プライベートな画像が流出する可能性があります。

保存する画像に注意が必要

googleは児童ポルノに非常に厳しく対処しています。それは自分の子供の写真に対しても同じです。

googleフォトに赤ちゃんの着替えやオムツ替えの写真、入浴の写真などがアップさされた場合、アカウントは即座に停止されます(Wikipediaより)。

それ以降googleフォトにアップした画像を見ることも、同じアカウントのgmailやgoogleドライブなど他のサービスも一切使用できなくなります。

つまり、一般的な家族写真の管理には向きません

Picasa3の特徴と使い方

Picasa3にはいろいろな機能がありますが、今回は画像を選んでフォルダにフォルダに保存する方法とCD-RやDVD、ブルーレイに簡単に保存する方法を紹介します。

Picasa3を起動すると、画像のスキャンが始まります。画面の右下にスキャンしている画像が表示されます。

スキャン中でもソフト自体は、通常通り使うことができます。

スキャンした画像は、左側のウィンドウにツリー表示されます。

その画像の入っているフォルダ名がついています。フォルダの並び順は、日付順となっています。

フォルダを選ぶと、右のウィンドウにフォルダ内の画像が表示されます。サクサクと動くので快適に管理できます。

目的の画像を選んで保存する方法

右のウィンドウに表示された画像を選んで(SHIFT又はCtrlで複数選択)、画面下にあるエクスポートを選びます。

画像サイズを確認して、参照で保存先を選びます。

画像が保存されました。この機能を使えば、大量の画像の中から簡単に、目的の画像だけを保存することができます。

目的の画像だけをCD-R,DVD-R,ブルーレイに保存する方法

画面上のツールバーにある「ツール」⇒「画像をバックアップ」を選びます。

ツリー表示の左側にチェックボックスが出てきます。

保存したいフォルダにチェックを入れます。

画面下に出てくるウィンドウの上部に、選択したファイル数と容量が表示されます。

フォルダを選択したら、「書き込み」をします。

もし、容量オーバーした場合は、1枚目を焼いた後に2枚目を入れるように表示がでます。

ここには表示されませんが、ブルーレイディスクに保存も可能です。

ブルーレイに保存する場合

  • 特に設定する必要はありません。ドライブにブルーレイを入れて「書き込み」をすればOKです。
保存されるファイル

 

画像バックアップで保存されるファイルは、上記のとおりです。もともとPicasaのバックアップ用なので、PCを変更したときなどのリカバリー用の使えます。

保存した画像は、[F]というフォルダ内にあります(システム構成によって[D]だったり[E]の場合もあります)

Picasa3はwindows10で使える?

Picasa3は2016年にGoogleのサポートが終わっていますが、Windows10でもWindows7でも使えます。

Picasa3のダウンロードと設定

Picasa3は、無料でダウンロードできます。ダウンロードできるサイトは複数ありますが、危険なサイトもあります。

実際いくつかのサイトからダウンロードした時に、ノートンが危険と判断して自動削除されました。

下記のURLでダウンロードしたファイルは、ノートンでも安全と判断され、我が家でも問題なく使えています。

Picasa3を使うときの注意点

ここまで紹介した通り、PIcasa3は無料で使えて、画像管理にとても便利なソフトです。

ひとつ注意点を挙げるとしたら、パソコン内のすべての画像や動画がスキャンされる点です。

これは、すごく便利な機能ですが、隠していたいファイルなども紐づけされてインデックス表示されてしまいます。

家族で共有のPCの場合、見られたくない画像、動画などがありましたら注意が必要です。

それ以外は、100点満点のソフトだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です