【オススメ!】耳からとれにくいワイヤレスイヤホン。オーディオテクニカATH-SPORT60BTレビュー

イヤホンがすぐにとれてしまう人って意外と多いみたいです。ゴマメもその一人です。
通勤やジョギングなどでも外れてしまうため、苦労しました。

通販だと試せないし、電器店でも試着できるところは少ないですよね。だから、自分にあったイヤホンを探すのは大変です。

最近、近くにできた家電量販店で試着しまくり、ついに理想のイヤホンを見つけることができました。

この記事では、新しく購入したオーディオテクニカ  ワイヤレスヘッドホン ATH-SPORT60BTを紹介していきます。

これを手に入れれば、ゴマメのように通勤や散歩中でも音楽を楽しめるようになりますよ!

こんな人におすすめ

  • イヤホンが耳にフィットしない
  • 動くとイヤホンがポロッととれてしまう
  • 通勤でも使えるワイヤレスイヤホンを教えてほしい

オーディオテクニカ  ワイヤレスヘッドホン ATH-SPORT60BT

お店で見つけたのが、audio-technicaのATH-SPORT 60BTです。

ゴマメ

audio-technicaは、日本のメジャーな音響機器・映像機器メーカーです。

ATH-SPORT60BTに付属しているもの

ATH-SPORT60BT

これが箱の概観です。

ATH-SPORT60BT付属品

中には、本体とUSB-Cの充電ケーブル、収納用の袋、イヤーピース、説明書が入っていました。

イヤホン部

イヤホン部です。大きく見えますが、軽量のため耳にはめても重さは感じません。

白い部分がイヤーピースです。

イヤーピース

イヤーピースは、これだけ付属しています。これに加えて、もともと本体にMサイズのものが装着されています。

製品名にSPORTとあるように、もともとスポーツをしながら使えるように設計されていますので、これらのピースを組み合わせることで耳から外れにくくできます。

イヤホンとコントローラー

右のイヤホン側にコントローラーがついています。これも軽量のため重さを感じることはありません。

コントローラー

電源のON/OFF、再生/停止、曲の早送り、巻き戻し、電話の受話/切断などができます。

コードスライダー

コードスライダーがついているため、コードの調整が簡単にできます。

スポーツをする場合は、首の後ろ側に回して長さを調整することでコードのゆれが気にならなくなります。

イヤホンをくっつければ曲の再生が止まる

イヤホンの磁力

イヤホン同士は磁力でくっつきます。くっつけると曲の再生が止まります。

話した後に、再生ボタンを押せは途中から再生されます。

イヤホンをいったん外す時、リモコンで止めなくても一時停止することができます。

Bluetoothは標準規格のVer5.0に準拠している

Bluetoothは標準規格のVer5.0に準拠しており、最新技術が使われています。※(最新は5.1ですが、方向探知機能が追加されているだけですのでイヤホンにはメリットはありません)

AAC/SBCコーデックだからiPhoneで使える

高音質AAC/SBCコーデックに対応しているので、iPhoneに接続しても安心して使えます。

オーディオテクニカ   ATH-SPORT60BTを使ってみて

さて肝心の耳へのフィット感ですが、ゴマメの場合は最初にイヤホンについていた、Mサイズがピッタリでした。

イヤホンピース

弧の字上のピースを耳の溝にはめることで、しっかりホールドされました。この形や適度な固さががこの製品のキーポイントだと思います。

激しく頭を動かしてもとれることはありませんでした。それでいて、耳への圧迫感もありません。このピースのつくりは絶妙です。

iPhoneとのBluetooth接続もすんなりできて、すぐに使えました。

ATH-SPORT60BTの音質やスタミナに関して

音質に関しては、極端な高音は出にくいですが、低音から中音域はしっかりでていると思います。

ホワイトノイズもほぼありません。

2時間でフル充電できて6時間使えますので、スタミナも十分だと思います。

なにより、耳へのフィット感が良く、安心して出歩けます。

これだけの機能があってワイヤレスで7000円弱で買えるのであれば、十分に「買い」だと思います。

落ちないイヤホンを探している人に、ぜひおすすめしたいイヤホンです。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。(ゴマメ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です