こたつフラットカーボンヒーターは火事になりにくい?ハロゲンヒーターとの違いは?

フラットカーボンヒーターとハロゲンヒーターの違いと危険性について紹介します。

冬の風物詩「コタツ」は、安全な暖房器具の一つです。
灯油やガスを使わないので、燃え移ったり、中毒になることもありません。

でも実際には、コタツによる火災がおきています。

消費者庁によるとコタツによる火事は平成26年からの5年間で192件起きています。

少し前までは、ハロゲンヒータータイプが火事になりやすいと言われていました。
最近はフラットカーボンヒーターが安全だとして人気です。

でも、本当に安全なのでしょうか?

ハロゲンヒーターとの違いから検証します。

目次

フラットヒーターは安全?他のタイプとの比較

コタツによる火災の原因は大きく分けて以下の3つです。(消費者庁より)

①コタツ内部のヒーターと衣類・コタツ布団の接触
②ヒーター内部のほこりの過熱
③電源コードの劣化による加熱

このうち、まず①と②について考えてみます。

コタツ内部のヒーターと衣類・コタツ布団の接触による火災

火事の原因No.1は、衣類やコタツ布団のヒーター部への接触による火事です。

コタツの中で洗濯物を乾かしたり、座椅子を使っているときにコタツ布団が中に押し込まれることで、ヒーター部と接触して燃えることがあります。

このことから言えるのは、ヒーター部分が厚いほど接触の危険性が上がるということです。

箱形ヒーターはぶ厚いから火事の危険性が大きい

現在の主流がこの3つのタイプです。発熱体の種類が違うだけで、構造(本体の厚さ)はほぼ同じです。

箱状の本体の中には、発熱体のほかにファンがあります。そのため、ヒーター本体の厚さは5cm~8cm程度になります。

つまり、この箱形ヒーターは、ハロゲン、石英、カーボンタイプのどれでも火災への危険性は同じくらいだと言えます。

フラットカーボンヒーターは薄いから火事の危険性が小さい

それに対して、フラットカーボンヒーターは、約3cmと約半分の厚さです。

内部が広いということは、衣服やコタツ布団が接触しにくくなります。

そのため、フラットカーボンヒーターは箱形のヒーターに比べて火事が起きにくい構造と言えます。

でも、こたつで衣類を乾かすのはやめましょう

ヒーター内部のほこりの過熱による火災

ヒーター部分にたまったほこりによる火災も報告されています。

ほこりには衣類の糸くずや綿くずも含まれているます。特に、セーターに使われるアクリルは低い温度でも発火しやすいので危険です。

箱形ヒーター(ハロゲン、石英、カーボン)はほこりがたまりやすい

このタイプ(箱形)のヒーターは、発熱体と送風ファンが内蔵されています。

内部の隙間にはほこりがたまりやすく、火災の原因にもなります。

https://twitter.com/MakotyanKSR110/status/1467422634984243201?s=20

ここまでほこりがたまると、外からの掃除機程度ではとれません。分解して掃除するしかありませんが、危険が伴います。

YAMAZEN説明書より

説明書にも、分解は禁止と記載があります。(何かあたっときメーカーの責任を問えなくなります)

フラットカーボンヒーターは、ほこりがたまらない

この写真を見てわかるように、フラットカーボンヒーターには、ほこりが入り込む場所がありません。

そのため、フラットカーボンヒーターは、ほこりによる火災の危険性がありません

フラットカーボンヒーターは安全か?

ここまで説明した通り、フラットカーボンヒーターは、スリム構造のためヒーターと衣類や布団の接触が少ない、内部にほこりがたまらないという特徴があります。

ヒーター自体は高温になりますので、絶対に火事にならないわけではありませんが、通常の箱形のヒーターよりは安全性は高いと言えます。

クレオ工業
¥4,680 (2022/06/13 22:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

この製品は3時間タイマーもついていますので、節電や切り忘れによる火災、こたつで寝てしまった時のやけどの防止にも優れています。

これから、コタツを本体ごと購入予定の方もフラットカーボンヒータータイプをおすすめします。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

電源コード劣化による加熱

コードの劣化は、ヒーターの種類とは関係ありません。

大事に使っていても、使用中にコタツの脚で踏んでしまったり、ひっかかって強い力で引っ張られてしまうことがあります。

こんなことありますよね。

ここまでいかなくても、内部の被膜がはがれていることも・・

冬は乾燥しているのであっという間に燃え広がります。

時々確認して、おかしいなと思ったら「コードだけ交換」しましょう。

最近は、タイマー付きだったり、最初だけ「強」にして、その後「弱」になるように設定できるものもあります。

エコモード付もおすすめです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

フラットカーボンヒーターではありませんが、ゴマメはこの製品を買いました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

コタツは安全な暖房器具ですが、使い方と経年劣化には注意が必要です。

ヒーターもコードも比較的安く交換できるので、交換して安全に使いましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次