実務者研修資格でできるサービス提供者とは?

介護職員初任者研修から、ステップアップした介護資格に介護福祉士実務者研修があります。

この実務者研修資格をとると、「サービス提供者」というポジションにつくことができます。

サービス提供者とは

サービス提供者は、現場を円滑にすすめるコーディネーターの役割をします。

介護の実務を担当する介護士と計画を立てるケアマネジャーの間に入り、連絡や調整業務を行う仕事です。

要介護者の自宅を訪問して介護を行う指定訪問介護事業者においては、利用者40人につき1人以上の配置が義務つけられています。

介護サービスを提供するためにはいなくてはならない人です。

サービス提供者の業務内容

介護プランの実行のためのプラン作成

介護プラン自体は、ケアマネジャーが立案します。それを具体的にどのように行うかを計画します。 本来はケアマネジャーの仕事でもある利用者や家族への説明や同意取得なども行います。

ヘルパーへの指導、指示

介護プランに基づいて、ヘルパーに指示を出したり、人員の調整をします。

事務作業

介護スタッフとの打ち合わせや会議をしたり、介護報酬の請求作業なども行います。

介護士業務

必要があれば、他の介護スタッフと一緒に介護業務も行います。

サービス提供者は大変だけどやりがいのある仕事

サービス提供者の仕事は多岐にわたります。もちろん一般介護業務も行いますので、他の人にくらべると、仕事量が多く大変です。

しかし、自分の立てた計画通りに進めたり、周りの調整をしたいりとやりがいのある仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です