【正社員がベスト!?】かいご畑で選べる4つの働き方とそれぞれのメリット・デメリット

かいご畑では、正社員派遣社員派遣パート紹介予定派遣の中から選んで仕事を探すことができます。

一般的には、正社員を目指す人が多いと思いますが、介護士の場合はそれがベストだとは限りません。

それぞれの働き方には特徴やメリット、デメリットがあります。

自分にあった働き方をすることで、きつい介護の仕事も長く続けられます。

今回は、かいご畑で選べる働き方のスタイルと特徴を紹介します。

かいご畑で選べる3つの働き方と特徴について

正社員として働く

正社員は、その職場の正式な社員として働くスタイルです。日勤や夜勤などすべての勤務帯で働くことになります。

フルタイムで働ける人、夜勤も大丈夫な人に向いた働き方です。

メリット

正社員ですので、長く働けばその職場での立場も上がり、キャリアも評価されて高待遇につながります。

その職場で長く働きたい人、家族を養うために安定した身分で働きたい人に向いている働き方です。

社会的信頼性も高いので、ローンも組みやすくなります。

デメリット

介護の仕事は、人間関係や仕事の辛さでやめる人が多い職種です。自分に合わない職場であっても、正社員だとすぐにはやめることができません。

もしすぐに辞めることができたとしても、次の就職に不利になる可能性があります。

派遣社員として働く

派遣社員は、ニッソーネットが雇用主となり派遣先で働きます。

正社員と異なり、雇用期間は3~6ヶ月になりますが、延長して働くこともできます(最長3年まで)

メリット

一般的に派遣というと立場が弱く悪いイメージですが、ニッソーネットの場合は少し違います。

  • さまざまな職場や人間関係を経験できるので、スキルアップできる
  • 介護派遣は時給の相場が高く、短期間では正社員よりも高待遇
  • 人間関係の問題があっても、会社(ニッソーネット)が味方になり解決してくれる。
  • 自分のライフスタイルにあわせて働く期間や時間、勤務地が選べる

いろいろな職場を経験しながら、自分にあう働き方を見つけることができます。

正社員と違い、短期雇用であるため、派遣先の人間関係になじめなくても次の職場に移れます。

派遣先の労働条件や環境などは優良派遣事業者であるニッソーネットがしっかり監視するので安心して働けます。

デメリット

かいご畑で介護士として働くのであれば理想の働き方ですが、正社員に比べると社会的評価は低くなりがちです。

また、ローンを組んだりするときに、なんらかの制限がつく可能性があります。(※ある程度収入があれば、ほとんど問題ないと言われています。)

その職場が気に入っても、同じところでは最長3年までしか働けないという規則があります。

派遣・パートとして働く

派遣社員に近い働き方ですが、ライフスタイルにあわせて時間を選んで働くことができます。

子育て中や家族の介護などでフルタイムで働けない場合にピッタリな働き方です。

紹介予定派遣とした働く

かいごの仕事は離職率の多い職種です。その一番の原因が人間関係にあるといわれています。

紹介予定派遣は、その職場で派遣社員として一定期間働いてから、その職場に正社員として務めるかどうかを決めることができる仕組みです。

お試し期間で人間関係、その職場との相性を知ることができるので、その後安心して働くことができます。

MEMO
最初はニッソーネットが雇用主の派遣社員ですが、正社員となればそこの施設が雇用主となります。

いままで人間関係で苦労したことのある人、どんな職場か心配な人に向いている働き方です。

お試しで働ける期間は最大6か月です。期間は職場の上司と相談して決めることができます。

かいご畑は働き方が選べる

かいご畑では、専用の人材コーディネーターが一緒に職場を探してくれます。

自分が、正社員派遣社員派遣パート紹介予定派遣のうちどの働き方がしたいのか?

具体的にどれくらいの頻度で働きたいのか?などなど、希望を伝えて自分のライフスタイルにあった職場を探してもらいましょう。

無料で介護資格がとれるのも大きな特徴です。ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です