iPadで論文を読むのにおすすめなタッチペン。GoodNotes 5、GoodReader、Mendeleyで快適に使えます。

iPad Pro以外でもタッチペンが使えるようになった!

最近、iPad Pro以外の機種でもタッチペン(スタイライスペン)に対応しました。

タッチペンで書き込めれば、論文を読むときにかなり便利です。

でも、純正のApple Pencilは正直高いです。

高い理由は、純正品であること絵を描くときに必須となる筆圧感知機能が内蔵されているからです。

でも論文(PDF)を読むだけなら、線を引いたり、文字が書ければ十分です。

他社(サードパーティ)からもっと安くてiPadで使えるタッチペンはたくさんでていますが、論文アプリで使えるかは検証されていません。

今回は、純正でないタッチペン(スタイラスペン)が論文用アプリで使えるかを試しました。

第3世代のiPad Airと3つの人気アプリで検証

使ったiPadは、第3世代のiPad Airです。

試した論文用のアプリは、GoodNotes 5GoodReaderMendeleyです。

どれも多くの人が使っている人気のアプリです。

3000円程度のスタイライスペンで検証

今回は、Apple Pencilの1/3以下の価格で買える2つのスタイライスペンを買いました。

この2つのペンを選んだ基準は、

3000円以下であること

3000円という数字にこだわりはありませんが、以下の二つの機能を満たすとこれくらいが相場でした。

自動で電源OFFになること(5分使用しないとOFF)

使いたい時に電池切れは避けたいのと、気軽につかいたいの切忘れても大丈夫な自動電源OFF機能付を探しました。

パームリジェクション機能があること

パームリジェクションは、ペン以外で画面に触れても感知されない機能です。これがないと画面から手や腕を浮かせて使わなければなりません。

ENNOTEK社製 スマートペン

まずはこちらから。ENNOTEK社製のタッチペンです。10%の割引きクーポンがついていることが多いので時々チェックしてみてください

スタイラスペン本体、充電ケーブル(ライトニング)、ペンケースが入っていました。

充電端子はライトニングケーブルです。第3世代のiPad Airもライトニングケーブルなので、充電時に兼用できます。

パームリジェクション機能があるので、画面に手をつきながら書くことができます。

ペン先は1.0mmなので、細い字を書くときに便利です。

替え芯も1つ入っていました。

特徴的なのは、電源のONとOFFです。iPadの端に近づけるとONになります。なにも動かさないで5分経つとOFFになります。

この電源ON機能は、場合によっては問題になります(後で説明します)。

連続使用時間は、amazonのページでは15時間だったり、20時間と記載されていてどちらが正しいのかわかりません。製品添付物には記載はありませんでした。

書き心地は、非常に良いです。

Kimwood社製のスタイライスペン

Kimwoodのタッチペンです。こちらも10%の割引きクーポンがついていることが多いのでチェックしてみてください

スタイライスペン本体、USB-Cケーブル、替え芯が入っていました。


充電端子は、USB-Cケーブルです。その上に電源ボタンがあります。

パームリジェクション機能がついています。

ENNOTEK タッチペンと同じくペン先は1.0mmです。

連続使用時間は20時間です。

ペン先のタッチボタンでON/OFFします。それに加えて5分間動かさないとOFFになります。

※ENNOTEK タッチペンとの最大の違いはタッチボタンでONする点です。

ペン先は、力をいれると少し引っ込みます。

替え芯が1つ入っていました。

個人的にはENNOTEK社製の方がペン先が滑らかな気がしますが、使う分には大差ありません

論文用アプリで使えるのか?

Mendeley

まずは、論文管理に欠かせないMendeleyです。

Mendeleyは特に設定なく使えました。ハイライトの線も引けています。

GoodReader

こちらは論文を読むのに特化したアプリです。非常に使いやすいです。

PDF Settingで「Track Apple Pencil」をONにします。

ラインを引いたりフリーハンドも問題なくできました。

GoodNote

GoodNoteは読むだけでなく、ノートのようにまとめることが出来るのが便利です。

もちろん書き込み関連の機能も充実しています。

詳細の中にある「スタイライス&パームリジェクション」のスマートスタイルでApple Pencilを選択します。

文字を書くのも、蛍光ペンで線を引くのも問題なくできました。

どちらのペンがおすすめか?

どちらのペンもGoodNotes 5GoodReaderMendeleyで使えました。

2つの違いといえば、充電ケーブル(ライトニングとUSB-C)と、電源のON/OFFの方法です。

価格はKimwoodのほうが500円くらい高いです。

どちらも書き心地は大差ありませんが、ペンが収納できるiPadカバーを使うのであれば、Kimwood製のタッチペンをおすすめします。

カバーにペンを収納するならKimwood製をおすすめするわけ

今回は、ペンが収納できるカバーも購入しました。

Apple Pencil用でしたが、どちらのペンも問題なく収納できました。

ここまでは問題なかったのですが、これまで紹介した通りENNOTEK社製のタッチペンはiPadの端に近づけるだけで電源が入ってしまいます。

ペンを収納したときに必ず電源が入ってしまいます。そのまま動かさなければ5分で電源が切れますが、かばんなどに入れて持ち運んでいると振動でまた電源が入ってしまいます。

そしていつの間にかバッテリー切れになっていることが何度もありました。

なので、カバー内部にペンを収納するのであれば、手動で電源を入れるKimwood製のタッチペンの方をお勧めします。

付属のバンドを使えばENNOTEK タッチペンでも大丈夫です

ENNOTEK タッチペンには、写真のようにペンを収納できるバンドが付属していますのでこれを使えば問題ありません。


(※ENNOTEK タッチペンに付属のペンケースでカバーの外側に収納すると、少し改善します。)

定期的にタイムセールの対象になっています。要チェックです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です