カセットボンベが使えてダッチオーブンもおけるツーバーナー|ユニフレーム US-1900をレビュー

ども、ゴマメです。

ファミリーキャンパーが絶対にほしくなるアイテム、それは「ガスバーナー」ですよね。
メイン調理は焚き火や炭火に譲るとしても、ガスバーナーがあると料理のスピードが格段に上がります。

今回は、ランニングコストと見た目に重点をおいて選んだユニフレーム US-1900を紹介します。

ゴマメ

使いやすさ、ランニングコスト、かっこよさの3拍子そろったおすすめのツーバーナーですよ。

ユニフレームのツーバーナー US-1900を買いました。

ファミリーキャンプにはガスバーナーが便利

キャンプを始める前、キャンプといえば焚き火でしょ!もちろん料理も焚き火で!と思っていました。

確かに焚き火で作る料理は特別で、いつもより数段おいしく感じました。
でも、火加減が難しく、ずっとそばにいる必要があるのと同時に調理ができないのが不便でした。

ファミリーキャンプでは、腹をすかせた家族を待たせるわけには行きません。

そうなると、やっぱりガスバーナーがほしくなります。

カセットコンロという手はありますが、ひとつずつしか調理できないしちょっとかっこ悪い・・。

そこで、ガスバーナーを買うことにしました。

ガスバーナーを選んだ時の4つのポイント

キャンプ用のバーナーはいろんな種類がありますが、4つのポイントに絞って探しました。

2口以上

シングルバーナーもコンパクトで便利そうですが、それだったらカセットコンロで十分です。

調理のスピードアップのために2口以上のバーナーを探しました。

かっこいい!

キャンプ道具は、便利な事はもちろんですが、やっぱり見た目も大事です。

ずっと使いたくなるようなカッコ良さがほしい・・。見た目も重視しました。

トロ火ができる!

バーナーなんだから当たり前じゃんと思うかもしれませんが、高出力のバーナーだったり、安いバーナーは、出力を絞ると消えてしまうものもあります。

カレーを煮込んだり、弱火でつくる料理には、トロ火は欠かせません。

とろ火ができるバーナーを探しました。

ランニングコストが安い!

燃料のランニングコストも大事です。

OD缶(アウトドア缶)と呼ばれるガスは、高出力だったり、高い標高でも安定して使うことができます。

でも、ハッキリ言って高いです。1缶800~1000円ほどかかります。これをツーバーナー分、さらに宿泊数に応じて買うとなるとかなりお金がかかります。

そうなると、やはりCB缶(カセットガスボンベ缶)タイプが魅力的です。1本100円弱で手に入るし、コンビニでも買い足すことができます。

CB缶が使えるバーナーを探しました。

すべての条件を満たしたのは、ユニフレーム US-1900

CB缶が使えるという条件でかなり候補は狭まりましたが、ユニフレームのツインバーナー(US-1900)を選びました。

シルバーボディがかっこいい!

オールシルバーのボディは、まるでジュラルミンケースのようです。

こんなにかっこいいツーバーナーは他にはないです!

裏側にスタンドが収納されています。

サイドの風除けを装着すると・・・

どうですか!この凛々しい姿。

ごとくが全面にあるので、ダッチオーブンなどの大きな鍋も安定して置けます。※分散耐加重は1口当たり15kgです(カタログ)。

さらに、風防を簡単にはずせるので、横幅の大きい鍋やフライパンも楽々と使えます。

トロ火にしても消えない!

点火は、つまみをOPENに回しながら、黒いスイッチをカチッとするだけです。

強火にするとゴウゴウとかなりの火力です。さすが3900kcal/h!

消えそうなくらい絞っても消えません。トロ火も十分に行けそうです。

CB缶(カセットガスボンベ)が使えるから経済的!

US-1900は、カセットガスボンベ缶専用です。

下部に取り付けるところがあります。

差し込んで引っかけるだけなので、簡単です。

メーカー推奨は、メーカーの専用缶ですが、他メーカー製でもなんの問題もありませんでした。

スーパーやホームセンターの安売りのボンベで十分だと思います。

CB缶は規格が統一されていますので、はまらないなんてことはありません。

注意
ただし、他メーカー製の使用は個人の責任でお願いします。

裏側にボンベが3本入るので、予備も含めて箱に収納できます。

ユニフレーム US-1900はキャンプで大活躍中

BBQ以外は、ユニフレーム US-1900でやるようになりました。

一度に複数の料理ができるので、効率的にご飯が作れるようになりました。

ご飯を炊きながら、カレーも作れます。

ダッチオーブンで燻製も作れます。

まとめ

今のところユニフレーム US-1900はキャンプで非常に役立っています。
今のところ不満点はひとつもありません。

もし、ツーバーナーをお探しでしたら、自信をもっておすすめします。

使ったあともGood!!

ちなみに、鍋などを支えるバーの部分は、丸ごと外せますのでお掃除もラクラクです。

いつまでもピカピカで使えます!

US-1900の収納ケースはこちら

公式サイトでも紹介されているUS-1900の収納ケース↓↓

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。(ゴマメ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です