【まとめて送れる!】DropBoxでiPhoneからPCへ画像を送る方法

ども、ゴマメです。

無料のDropBoxを利用することで、iPhoneからPCへ画像を送信することができます。

ケーブルがいらないのでとても便利ですが、DropBoxアプリでは1枚づつしか送れません。

今回紹介する方法では、「ファイル機能」を使うことで複数枚まとめて送れます。

操作も簡単で非常に便利ですので、ぜひお試しください。

DropBoxとファイルアプリを使って、複数の画像をiPhoneからPCへ送る方法

まずはDropBox(無料)に登録

 

DropBox公式サイトでDropBoxの登録を行います。

登録が終わるとDropboxのアプリのインストール案内がでますが、今回はパソコンの方にはインストールしなくても大丈夫です。(してもOKです。)

dropbox home

ログインするとホーム画面になります。

dropbox フォルダ作成

このままでもいいですが、フォルダを作っておくと便利です。

好きなフォルダ名をつけておきます。

フォルダ作成

フォルダが作成されました。

DropBoxのWebを開くショートカット作成する

次にデスクトップにショートカットを作ります。

dropbox icon

ここをデスクトップにドラッグすると、ショートカットがデスクトップに作成されます。

アイコンの下の名前は適当に変えてください。

iPhoneにDropBoxアプリをインストールする

APP StoreからDropBoxのアプリをインストールします。

インストールしたらパソコンで登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

dropbox アプリ

先ほどパソコンで作成したフォルダが表示されます。

これでDropBoxアプリの設定は終わりです。アプリは閉じてしまって大丈夫です。

「ファイル」アプリを設定する

iPhoneの標準アプリである「ファイル」を開きます。

ファイルアプリ操作

右上の「編集」を選びます。場所の中にあるDropboxをONにします。

iPhoneの設定からDropBoxを選びます。カメラの部分をONにします。

これで準備が整いました。

iPhoneからの画像送信方法

dropbox保存

「写真」を開いて右上の「選択」を選びます。

写真を選んだら(チェックマークがつきます)、左下のアイコンを選びます。

一番下の列をスクロールすると「ファイルに保存」があるので選びます。

Drop-Boxを選んで「追加」を押します。

これでパソコンへの送信は終了です。

パソコン側で確認してみると

画像が転送されています。

ファイル名をクリックすると画像が開きます。

一番右にあるメニューを開くとダウンロードすることができます。

画像だけでなく、動画やファイルもOK!

DropBoxを利用することで、簡単にパソコンに転送(同期)することができます。

スマホ内の画像や動画、ファイルをパソコンで使いたいときにとても役立ちます。

ぜひお試しください。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。(ゴマメ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です