ちびパンをシーズニング。ハンドルカバーはシリコンより革製の方が熱くならない。

ちびパンをシーズニング

黒皮鉄板製のちびパンは鋳鉄製に比べてさびにくく、お手入れが楽チンなのが特徴です。

とはいっても、ある程度はメンテナンスは必要です。

今回はネットで情報を調べながら、シーズニングをしました。

シーズニングでクリアラッカーを取り除く

ちびパンの表面はとてもなめらかできれいです。輝いて見えます。

でもこれは、出荷~初使用までさびないように塗ってあるクリアラッカーです。

使う前に、クリアラッカーを焼き切ります。

MEMO
クリアラッカーは食品衛生法に適合する表面塗装なので、もし料理に入ってしまっても問題ありません。

今回はちびパンの2個セットを買ったので、2個同時にシーズニングします。

せっかくなので、シリコンと皮製のハンドルカバーも使って性能を比べてみます。

サビないスキレット:ユニフレーム ちびパン(フタ、収納ケース)をレビュー。

加熱には、ユニフレーム ツーバーナー US-1900を使います。

ユニフレーム ツーバーナー US-1900がキャンプで大活躍!

煙がでるまで加熱

まずは、ちびパンを加熱していきます。数分立つとクリアラッカーから煙がでてきます。

煙が出なくなるまで加熱して、さらに数分間加熱します。(今回は3分くらいで煙がでて、合計15分くらい加熱しました。)

いったん冷却

火を止めて、ちびパンを少し冷やします。(このあと油や野菜を入れるので急激な温度変化をさせないためです。)

クリアラッカーが焼き切れたので、テカリが弱くなりました。

油を多めに入れて、野菜くずを炒める

ある程度冷めたら、油を多めに入れて野菜くずを炒めます。

火は弱火から中火の間くらいです。

ちびパンの側面も野菜を押しつけるようにして炒めます。

野菜が少し焦げる程度炒めたら、火を止めます。

冷ましたら、洗剤で洗う

十分に冷えたら野菜くずはすてて、ちびパンを洗います。

洗剤やたわしでゴシゴシ洗えるのは、黒皮鉄板製のちびパンならではです。

水分をとって、オリーブオイルを塗る

水分を拭き取り、少し加熱して水分を完全に飛ばします。

クリアラッカーが取れたので、表面のテカリがなくなって、変色している部分もあります。
しっかりシーズニングできている証拠です。

オリーブオイルを塗りこんで終わりです。

ハンドルカバーは革製がおすすめ

今回はガスでの加熱だったので、ハンドルカバーをつけたまま使ってみました。

クリアラッカーを焼き切るために10分以上加熱した時点では、シリコンカバーの方は熱くて持てませんでした。

一方、革製のカバーの方は、ほとんど熱くありませんでした。

少し割高ですが、実用性を考えると革製の方がよさそうです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ちびパン レザーハンドル

ユニフレーム(UNIFLAME) ちびパン レザーハンドル

900円(09/17 20:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です