【簡単に交換できる!】コタツにはタイマー付カーボンヒーターがおすすめ

ども、ゴマメです。

 

寒い冬にみんなが大好きな「こたつ」。愛用している人も多いのではないでしょうか?
でも、ヒーター部やコードの劣化は火事にも繋がり危険です。

 

今回は、古くなったコタツのヒーターだけを交換しました。

 

カーボン製ヒーターの特徴と便利なコントローラーを紹介します。

19年ぶりにコタツのヒーターを交換しました。

 

ゴマメ家では、冬はいつも蓄暖(蓄熱暖房)をメインに使っています。

 

自然な暖かさで気に入っているのですが、とにかく電気代がかかります。
深夜電力で蓄熱しても、12月~3月の電気代は4万円/月をかるく超えます。

 

物置からコタツがでてきた

 

さてさて、物置を整理していたら「コタツ」がでてきました。

 

考えてみれば、今の家に引っ越してきて10年、一度も使っていないかも。

 

今年の冬はコタツでぬくぬくするのもいいなぁ。

 

ゴマメ

コタツがあれば、蓄暖の蓄熱量を減らせるから電気代も浮くかも!

と考えながら、ヒーターが壊れていないかチェック。

 

製造年月日を見てみると・・・

2000年製??? 19年前だ。よく見ると内部にほこりもたまっています。

 

古いヒーター+ほこりは火事の原因にもなります。

 

そんなわけで、急遽買い換えることにしました。

 

カーボンヒーターに交換しました。

 

コタツごと買い替えようと思っていましたが、ヒーター部分だけ交換できるようです。

 

しかもある程度規格化されているため、どのメーカーのヒーターでも大丈夫みたい。

 

さっそく、コタツ机側のヒーター枠のサイズを調べて検索開始!

 

ハロゲン、石英?セラミック、どれがいい?

 

ヒーターを選ぶにあたって、まずはどのタイプにするのか決めなければなりません。

 

こたつのヒーターは大きくわけて3種類あります。ちょこっと紹介。

 

こたつの種類

一番安く買えるのはハロゲン方式です。スイッチを入れたら、すぐに暖まるのが特徴です。

その代わり、電気代が少し高めです。

 

一番普及しているのが石英管方式です。遠赤外線が多く出るので、体の芯から暖まります。

電気代は2番目に安いですが、ハロゲン式との差はわずかです。

 

フラットカーボン方式はちょっと高めです。でも、電気代が安くて、薄型という特徴があります。

その結果

ハロゲン式は古い形式だし、電気代もかかるので、石英管方式カーボン方式を探すことにしました。

 

ネットで探してみると・・・

 

もともとコタツについていたメトロ社製のものだと

石英管方式で、値段も手頃です。

 

ヒーター部分に関してはよさそうですが、この製品の場合コードには「入&切」のスイッチしかついていません。

 

ゴマメ

節電や使いやすさを考えると、温度調節のコントローラーがついているものがいいかも・・・

 

そこで、見つけたのが

この製品です。ヒーター部は同じで温度調節のコントローラーがついています。

 

これで決まり!と思いきや、レビューを見てみると、コントローラーが使いにくい(ダイヤルの弱の調整がしにくい)との書き込みがあったため保留に・・・。

 

その後、近くのケーズ電器にも見に行ってきました。

 

 

そこで見つけたのが、山善のヒーターユニットです。

メトロ製とは違うコントローラーで、速暖モードエコモードがあります。

 

でもコントローラー式としては100点ですが、ハロゲン式だったこと、ハロゲン式にしては高かったためやめました。

 

アマゾンで詳しく見ていると、なんと同じコントローラーを使ったメトロ製のものを見つけました。

 


カーボン式なのでお値段は少し高くなりますが、山善のハロゲン式よりは安かったです。

 

ゴマメ

さっそくアマゾンで買いました。

メトロカーボンヒーター

ヒーターをコタツに設置

穴の位置を確認。どのタイプにも合うように、穴がいくつか開いていました。今回は20cm幅の穴の部分を使いました。

 

穴の位置はぴったり一致しました。付属のネジを手で回して固定しました。

 

電源を入れると、ヒーター部分が赤くなりファンが回り始めました。すごく静かです。

 

 

リモコンです。電源を入れてから、各機能を操作します。

 

速暖モードは、スイッチをいれてから5分は最強で暖めて、それ以後は元に戻ります。

 

この機能は毎日使っています。すごく便利です。

 

ECOモードは消費電力を15%節約してくれます。長時間入るときは、このモードがお得みたいです。

 

そして、最大の機能は5時間の切り忘れタイマーです。いくらエコモードを使っても、切り忘れていたら意味がないですよね。もう何度もお世話になっています。

 

そのほかのポイント

  • カーボン式なので電気代が安い!→ とは入っても1時間当たり数円ですが。
  • U字型のヒーター採用で全体が暖かいです。
  • 本体とコントローラー部分に温度ヒューズがある2重の安全設計なので安全です。

まとめ

 

今回選んだ、メトロもこたつ用取替えヒーター は、少し高かったですが、節電効果が高く、安全に使えるという点では100点の買い物でした。

 

これで今年の冬は、節電しながら暖かく過ごせそうです。

 


 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。(ゴマメ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です