短時間で良く乾く大風量ドライヤーTESCOM(TID2600)は風も音も凄かった。

家で使っていたドライヤーが壊れました。

Lowだと風はでるのですが、Highにしても風量はLowのままです。

そこで、3年ぶりに新しく買うことにしました。

風量が一番強いドライヤーを探すことに

 

今まで使っていたのは、1.9㎥/分の風量のドライヤーでした。

これでも十分に大風量のモデルです。

MEMO
一般的なドライヤーの風量は1.3㎥/分程度です。それ以上のものを大風量と呼んでいるようです。

しかし、家族からの要望で、もっと大風量のものを探すことにしました。

そこで見つけたのが、今回紹介するドライヤーです。

TESCOM:プロテクトイオンヘアードライヤー TID2600

店頭に並んでいたドライヤーで一番風量が強かったのが、TESCOM プロテクトイオンヘアードライヤー TID2600でした。

最初はTESCOM??と思いましたが、実は美容院など業務用のドライヤーとしてはシェアナンバーワンです。

初めて聞く会社でしたが、なんとなく信用できそうな気がしました。

気になる風量は、なんと2.5㎥/分です。

「すべての速乾ドライヤーが嫉妬する」と書いてあります。

さすが2.5㎥/分!!

OFF、COOL、HOTのスイッチの他に風量調節ダイヤルがあります。

コードの先端には、レバーがついています。コンセントを抜くときは、レバーを下げると簡単に抜くことができます。抜くときにコードに力がかからないため断線しにくい構造になっています。

コードの根本部分はフレキシブルに動くようになっており、断線しにくい構造になっています。

専用のスタンドが同包されています。

置いたまま使うことができます。

取り外しできる専用フード

風量は凄いけど、音はもっと凄い

実際に使ってみると、風量はけた違いです。

風量ダイアルの中あたりで、以前の機種の最大風量くらいです。

でも、風量以上に驚いたのが、音の大きさです。

風量を上げていくと、音が次第に大きくなっていきます。

ただ音が大きいだけでなく、音質が普通のドライヤーと違います。まるでジェットエンジンのような乾いた音です。

専用のフードアタッチメントを外すと少し音が静かになりますが、やはり爆音です。

風量と温度の関係

アマゾンのレビューでも指摘されていますが、風量を上げていくと温風の温度が下がります。

最小の風量と比べると明らかに温度が低いのがわかります。

温度が低いと乾きにくくなりますが、それを補うほど強い風がでるので問題ないかと思います。

温度が低い分、髪や頭皮には優しいかなと思います。

その他のポイント

マイナスイオンだけでる機種が多いですが、このドライヤーはプラスとマイナスのイオンがでるようです。

大風量でも髪がボサボサにならずまとまります。今のところ実感はできてませんが・・・。

大風量ドライヤーTESCOM(TID2600)のまとめ

風量が弱いときは、普通のドライヤーのような音質ですが、風量を上げると乾いた激しい音になります。

いつもは、最大風量でだいたい乾かしてから風量を落として仕上げています。

総合的に乾くスピードは以前のドライヤーより早くなりました。

断線対策がしっかりしており、専用スタンドなど使いやすさも考えられていて、なかなか良いドライヤーだと感じました。

 

P.S 今回は店舗で買いましたが、アマゾンの方が450円安かったです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です