介護資格(介護職員初任者研修)があるとできる仕事、ないとできない仕事

介護資格がなくても介護の仕事はできます。

ただし、できる業務に制限がついてきます。

今回は、介護資格(介護職員初任者研修)がなくてもできる仕事、ないとできない仕事を紹介します。

介護資格(介護職員初任者研修)がなくてもできる仕事

送迎業務

デイサービスなどの通称介護の利用者を送迎する業務です。

ただ送迎するだけでなく、利用者の家族から家庭での様子などを聞いたり、時には家族の愚痴を聞いたりとコミュニケーション力も必要となります。

また、足腰の弱い利用者を乗り降りさせたり、丁寧な運転を心がける必要があり、想像以上に大変な業務です。

利用者の日々の様子を理解するために、本来は介護資格をもっていることが望ましい業務ですが、制度上は介護資格がなくても可能です。

生活援助

利用者本人のかわりに生活に必要な家事業務を代行する業務です。

あくまで利用者に本人に対して行われますが、そのなかで利用者には直接触れない業務をさします。

利用者の生活スペースの掃除、食事の準備、洗濯、買い物、薬の受け取りなどが主な仕事です。無資格者でも行える業務です。

身体介護

生活援助が利用者に直接触れない業務だったのに対して、身体介護は利用者に直接ふれる介護業務をさします。

食事の介助や入浴の介助、排泄介助、移動介助などがあります。

介護の中でも重要な業務ですが、無資格でも行うことができます。

事務業務

介護施設における介護報酬の請求、経理業務などをさします。介護資格がなくても行えますが、経理や労務関係の知識が必要となります。

介護資格(介護職員初任者研修)をとるとできる仕事

訪問介護が行える

訪問介護は、利用者の自宅に行って生活援助、身体介護を行います。その他に、利用者を病院に連れて行く通院介助も行えます。

すべて一人で行う必要があるため、介護職員初任者研修以上の介護資格が必要となります。

その他の介護資格をとるとできる仕事

サービス提供責任者

サービス提供責任者は、利用者に適切な介護サービスを提供するために計画を行います。

ケアマネージャーが立てたプランを元に、利用者に合わせて具体的な計画を立てます。

その他にヘルパーのシフト調整やヘルパーへのアドバイスを行うなど、現場の管理も行います。

介護職員初任者研修の次にとる介護資格である「実務者研修」資格以上の資格が必要となります。

生活相談員

生活相談員は、自治体と利用者(利用者の家族)をつなぐ役割をします。

利用者やその家族の相談にのったり、自治体や関係機関との連絡役を行います。

介護資格の国家資格である介護福祉士または介護支援専門員、社会福祉士などの資格が必要となります。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、利用者に対してどの様な介護サービスを提供するのか、ニーズと料金を含めて利用者やその家族との調整を行うのが主な仕事です。

最適なプランを提供するには、多くの経験と知識が必要となります。

そのため、介護福祉士、看護師、保健師社会福祉士、理学療法士などの国家資格をもっているだけでなく、実務経験が5~10年必要です。

その後、支援専門員の試験に合格する必要があります。

まとめ

介護資格をとると、訪問介護関連の仕事することができるようになります。訪問介護のニーズは年々増えていますので、ぜひ資格はとっておきたいところです。

また、サービス提供者などの現場のリーダーとなる役職や管理職につくこともできます。当然給料のUPも見込めます。

これから長く介護士として働くのであれば、介護資格はぜひとっておきましょう。

【2020年】かいご畑なら解決できる?!介護資格の必要性と無料でとる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です