メスティン(TR-210)で炊飯に挑戦。ポケットストーブでおいしく炊けました。

こんにちは、ゴマメです。

もうすぐキャンプシーズンが始まります。

今年はどこのキャンプ場に行こうかなぁ。

さて、冬の間にキャンプ妄想をしていたゴマメは、いろいろなサイトにお邪魔してアウトドアグッズの情報収集・・・

そこで見つけたのが「メスティン」。ちょっと覚えにくい名前なのでしょっちゅう忘れてしまうのですが、かなりすぐれもののようです。

メスティンは御飯がうまくなる!

トランギア社の「メスティン」はアルミ製の取手付き飯ごうです。

アルミ製なので熱伝導率が高く、全体に効率よく熱が伝わります。

手軽においしい御飯が炊けるのが人気の秘密です。

コンパクトなのでソロキャンプで使う人も多いようです。

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

1,651円(09/17 23:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

ポケットストーブと使うと最強の炊飯ギアに!

飯盒などのご飯を炊く時、火加減がおいしさを左右します。

「はじめチョロチョロ中パッパ、赤子泣いてもふた取るな」といいますが、なかなかうまくいきません。

いろいろ調べてみるとメスティンでご飯を炊く人の多くは、ポケットストーブで自動炊飯をしているようです。

MEMO
自動炊飯というのは、固形燃料に火をつけて後は消えるまで放置して炊くことです。細かい火加減を気にする必要はありません。お米と水、固形燃料の分量を間違えなければ失敗のすくない炊飯方法です。

25gの固形燃料で1合炊くのがちょうどいいみたいです。

まずはメスティンの準備

メスティンは薄いアルミでできていますが、買った直後は荒い部分があります。

「バリ」を取る作業は、初めてメスティンを使う前の儀式です。

水をつけて100円ショップで買った紙やすりで、ゴシゴシ削りました。
削った後はつるつるになりました。

その後は、お米のとぎ汁を25分くらい沸騰させてシーズニングしました。

ポケットストーブ

人気のポケットストーブと言えば、エスビットです。

もともとそんなに高いものではありませんが、同じような性能でもっと手軽に買えるものがありました。

本体の収納袋とウインドスクリーン、ターボライターもついてこの値段は魅力。レビューも悪くありません。

ちょっと安すぎるのが心配でしたが、思い切って買ってみることにしました。

収納用の袋は結構丈夫そうです。

固形燃料は15gとちょっと小さめなので、ご飯を炊くのには足りないかも・・・

ポケットストーブ本体

エスビットを見たことないので比べようがありませんが、作りはしっかりしているし、とても丈夫そう。
これ以上の品質って必要あるのかな?という印象

ポケットストーブを囲うウインドスクリーン用の収納袋もついています。これも結構しっかりしています。

設置するとこのようになりました。

強い風は、固形燃料の火を弱めるのでウィンドスクリーンがあれば安定した炊飯ができそうです。

さっそく炊飯してみる

セットでついてきた固形燃料は1個15gなので、新たに100円ショップで買いました。(米1合あたり固形燃料25が標準量です。)

25gの固形燃料に火をつけて、そのまま放置。15分くらいで燃え尽きたのを確認したら、タオルで巻いて蒸らしました。

気になるできあがりは・・・とてもおいしく炊けました。家に常備しているイナバの缶詰カレーでおいしく頂きました。

いなば ツナとタイカレーグリーン 125g×3個

いなば ツナとタイカレーグリーン 125g×3個

384円(09/18 01:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

1合ペロリと食べてしまいました。

まとめ

メンティスは1~1.8合位までは炊けるので、1、2人のキャンプにはぴったりの炊飯ギアです。

もちろん炊飯だけでなく、ラーメンや煮物を作ったりもできるすぐれものです。

これからのキャンプで活躍してくれそうです。

※ファミリーキャンプであれば、一回り大きいラージメンティスをお勧めします。

trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209 【日本正規品】

trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209 【日本正規品】

2,332円(09/17 20:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です