かいご畑なら介護資格がタダでとれる。働きながら介護職員初任者研修資格をとろう

かいご畑は、厚生労働省認可の介護専門就職支援センターです。

就職はもちろん、介護資格取得などのスキルアップも支援します。

かいご畑の求人で仕事を始めると、介護資格講座を無料でうけることができます。

かいご畑はここが違う!

  • 介護資格スクールに無料で通える
  • 専任のコーディネーターが一緒に仕事を探してくれる

介護資格をとるメリット

介護資格をとるとメリットがたくさんあります。

給料が上がる


出典:平成28年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要を抜粋改変

介護職は離職率が多い仕事です。その原因の一つに給料の安さがあります。

そのため、介護職員処遇改善加算が作られました。介護施設がこの制度を利用すると収入が増加し、有資格者の待遇を上げることが可能になります。

表からわかるように、資格の種類や有無によって給与の平均額が大きく違います。

介護職員処遇改善加算について

介護職員処遇改善加算は、介護事業所で働く介護職員の賃金改善を行うための加算です。


厚生労働省:介護職員処遇改善加算に関する基本的考え方並びに(リーフレット)より抜粋

下記にあるような区分されたキャリアパス要件を満たすと事業所は職員1人当たり12000~37000円の加算を受け取れます。

厚生労働省:介護職員処遇改善加算に関する基本的考え方並びに(リーフレット)より抜粋

加算額の一番多い加算Ⅰでは、要件Ⅰ~Ⅲすべてを満たす必要がありますが、要件Ⅲには、経験もしくは資格等に応じて昇給する仕組みを設けることとあります。

つまり介護資格をもっている人の給料が上がります。


厚生労働省:介護職員処遇改善加算に関する基本的考え方並びに(リーフレット)より抜粋

加算Ⅰをとれば事業所は職員一人当たり37000円を受け取れ、職員は1万円/月 相当の給料アップが見込めます。お互いWinWinな関係となります。

介護に関する専門知識が幅広く学べる

介護資格講座を受けると、仕事に関する知識を幅広く身につけることができます。

130時間に及ぶカリキュラムでは、認知症、障害、コミュニケーションに関すること、心と体の仕組みなど、介護に関係するさまざまなことが学べます。

現場でも少しずつ知識は増やせますが、基礎から広く学ぶには資格講座を受けるのが一番です。

資格をとることで、知識を生かして自信をもって介護をすることができます。

仕事の幅が広がる

介護の仕事は資格がなくてもできますが、資格がないとできないこともあります。

無資格でもできる仕事

  • 送迎の仕事:利用者の送迎を行います。
  • 生活援助:食事の支度、洗濯、買い物、薬の受け取りなどを行います。
  • 身体介護:食事やトイレ、着替え、身体移動などを行います。
  • 事務的業務:介護報酬の書類や介護サービスの手続きなどを行います。

 

資格がないとできない仕事

  • 訪問介護:訪問介護は利用者の自宅に訪問して介護サービスを行います。

訪問介護では、生活援助、身体介護、買い物などを一人で行うため十分な知識が必要です。

そのため介護保険法において、介護資格(介護職員初任者研修以上の資格)が必要と決められています。

就職に有利になる

これから介護の仕事を始めるのなら、資格をもっていた方が就職に断然有利です。

介護資格の有資格者がいることは、その施設にとって大きなメリットです。

入所者を集めるPRにもなるからです。最近では、有資格者のみを募集している施設も目立ちます。

介護資格がとりたくても取れない理由

そんないいことずくめな介護資格ですが、とるには時間とお金が必要です。

スクールに通うにはお金がかかる

介護資格をとるには、通学又は通信制のスクールに通い、決められたカリキュラムを受講しなければなりません。

大手のスクールでは、8~10万円の費用がかかります。

介護資格をとるには時間がかかる

スクールによって時間割が違うので一概には言えませんが、平均で3週間~2か月間通う必要があります。

もし休んでしまったら、補講という形で受け直さなければなりません。

仕事をしていると講座を受ける時間がない

一番基礎的な介護職員初任者研修でも、合計130時間の講義を受けなければなりません、

現在働いている人、これから働く人にはスクールに通う時間が作れません。

特に介護の仕事はシフト制が多いので、カリキュラム通りに休むのは大変です。

お金と時間が無い!これが資格を取れない理由です。

働きながら無料で介護資格がとれるかいご畑

介護資格がとれない理由を一気に解決できるのが「かいご畑」です。

かいご畑は無料で介護資格が取れる

かいご畑は株式会社ニッソーネットが運営する介護職専門の求人サイトです。

かいご畑の求人で就職すると、就職した後に無料で介護資格講座を受けることができます

平均で10万円近くかかる講座がテキスト代だけで受講できます。

かいご畑は仕事しながら介護資格を取れる

かいご畑には無資格でも働ける求人がたくさんあります。

まずは無資格で働き始めて、働きながら資格をとることができます。

かいご畑なら資格講座を受ける時間がつくりやすい

仕事を始めてしまうと、資格講座を受ける時間がない・・・?

かいご畑ならその点も大丈夫です。ニッソーネットがその職場と打ち合わせをして勤務シフトを調整してくれます。

かいご畑は就職もサポート

就職に強い!

ニッソーネットは介護業務全般を行う企業です。全国に大きなネットワークをもっています。

一般に公開していない非公開求人も含めると、1万件以上になります。

現在、1都2府22県+北海道をカバーしていますが対応地域はどんどん増えています。

専任コーディネーターが一緒に仕事を探してくれる

常に人手不足である介護職の求人は、たくさんあります。

でもしっかり選ばないと、環境や待遇が悪かったり、仕事がきつい職場で働くことになってしまいます。

そんな事にならないように、かいご畑では専任コーディネーターが仕事探しをサポートしてくれます。

心強い専任コーディネーターの存在

かいご畑に申し込むと、一人ずつに専任の人材コーディネーターがついてくれます。

コーディネータは、全員介護資格をもっているので、いろいろ相談ができます。

かいご畑に申し込んだ後、電話または会社に訪問してコーディネーターと打ち合わせをします。

こんなことを相談しよう

  • 自分がどのような職場を希望するのか?
  • 特養老人ホーム、介護老人保健施設などの施設形態
  • 日勤だけを希望するのか?夜勤も入れるのか?
  • 有給がどれくらいあるのか?給料はどれくらなのか?
  • 保育所、託児所はあるのか?
  • 勤務形態は正社員、派遣社員、パート、紹介予定派遣社員のどれを希望するのか?

細かく希望を伝えれば、それにあう職場をコーディネーターが探してくれます。

MEMO
相談の結果希望の職場が見つからなければ依頼のキャンセルもできます。もちろん料金はかかりません。

事前に施設見学をして職場の様子を確認できる

どんな職場か見てみないと心配という人のために、希望すれば事前に施設見学をすることができます。

施設の様子や働いている人の様子をみて、自分にあった職場を選びましょう。

かいご畑のキャリアアップ制度について

かいご畑を通じて就職して、働き始めるとキャリアアップ制度を利用することができます。

キャリアップ制度では、ニッソーネットが開講する「ほっと倶楽部」で介護資格講座を無料で受けることができます。(テキストは購入する必要がありますが、授業料はかかりません。)

資格講座を受ける時間については、ニッソーネットが職場と交渉してくれます。

現場を経験しながら資格の勉強ができるので、実践しながら覚えていけます。

お金をかけなくてもやる気次第で、キャリアアップが可能です。

かいご畑は、自分にあった職場と介護資格を同時に手に入れることができる画期的な求人サービスです。

かいご畑の詳細はこちらから

かいご畑

 

日本では介護士が不足している

日本は急速に高齢化が進んでおり、そのスピードは断トツ1位です。

その国の全人口に対する65歳以上人口の割合を高齢化率といいます。

日本では1984年に10%、2005年には21%を突破し、2025年には30%を超えるとみられています。

日本での高齢化率は21年間で倍増しました。このスピードは、世界2位のイタリアの倍のスピードです。

2025年には37万人が不足する

 

急速な高齢化と介護施設の不足などから、2025年には介護士は37万人が不足すると言われています。

そのため介護士をしていれば、失業の心配はありません。

たくさんの求人の中で、有利な条件で働くには介護資格が欠かせません。

介護資格の種類と特徴

介護職員初任者研修資格

介護職員初任者研修は、介護の一番基本的な資格です。

これから介護の仕事を始める人にぜひとってほしい資格です。

在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する研修

(厚生労働省より)

130時間の講義では現場で必要な知識だけでなく、実技も習得することができます。

最後に簡単な修了試験に合格すると、資格を取得することができます。資格は一度とってしまえば一生使うことができます。

この資格をもっているだけで、無資格で働いている人よりも良い待遇で仕事をすることができます。

介護資格をとるには時間とお金がかかりますが、かいご畑なら働きながら無料で資格を取ることが可能です。

実務者研修資格

実務者研修は、介護職員初任者研修よりもさらに進んだ内容を学びます。資格の位置づけとしては、介福祉士になるための知識と技能を習得するための資格です。

「文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校又は厚生労働大臣の指定した養成施設において介護福祉士として必要な知識及び技能を修得」」

実務者研修は、450時間の受講が必要です。

しかし、すでに介護職員初任者研修を持っていれば130時間の授業が免除されます。

介護職員初任者研修と重なる授業がそのまま免除になるので、先に初任者研修を受けておくと負担が減ります。

介護職員初任者研修と同じく、難しい試験はありません。

実務者研修資格と3年の実務経験を積むと、介護福祉士の受験資格を得ることができます。

かいご畑なら実務経験を積みながら実務者研修を無料で受けることができます。

介護福祉士

介護福祉士は、介護資格では唯一の国家資格です。

福祉系では、社会福祉士・精神保健福祉士・保育士と並ぶ、名称独占資格の国家資格

(wikipedia)

そのため、仕事面だけでなく就職・転職にも大きな武器となります。

サービス提供責任者・生活相談員・チームリーダーなどは介護福祉士の有資格者でなければならない場合もあるため、より高いポストにつくことができます。

仕事の幅が広がり、リーダーとして働くことで、周りからの信頼も得ることができます。

また、より上位資格である「認定介護福祉士」を目指すことでさらなるスキルアップができます。

国家資格であるため試験を受ける必要があります。2018年の合格率は約70%となっています。

かいご畑なら、働きながら「介護福祉受験対策講座」を無料で受講することができます。

介護職員初任者研修をとるには?

介護職員初任者研修を受けるには、介護資格の講座を受講しなければなりません。

スクールに通って資格をとる通学制と通信講座で資格をとる通信制があります。

通学して資格をとる「通学制」

通学制は、スクールに通って介護資格講座を受ける方法です。

各スクールの時間わりに合わせて通います。スクールによっては、スケジュールがきつい場合もあるので事前に確認しておきましょう。

また、用事があって休んでしまった場合は、後から補講という形で受けなおす必要があります。補講にかかる費用もスクールによって違うので事前に調べておきましょう。

通学性のメリット・デメリット

スクールに通う通信制のメリットは、まわりに仲間がいる点です。志を同じとする仲間が周りにいることでモチベーションがあがります。また、わからないところは講師に気軽に聞くことができます。

デメリットは、通学に時間が必要という点です。すでに仕事をしている人にとっては、通学する時間を作るのが大変です。

もう一つのデメリットは、通信制に比べて費用が高い点です。丁寧な授業と指導が受けられるかわりに痛い出費となりまs。

家で資格をとる「通信制」

通信制は、教材を家に届けてもらい自分で勉強して資格をとる方法です。(※実技講習の部分だけ、スクールに通う必要があります。)

通信制のメリット・デメリット

通信制のメリットは、時間が自由な点です。通学性のようにカリキュラムに追われて勉強する必要はありません。

自分のペースで勉強を進めることができるので、働きながらでも資格をとることができます。

また、通学制比べて、費用が安くて済みます。

デメリットは、自分で計画を立てて進めなくてはいけない点です。これが苦手な人は、資格取得まで時間がかかります。

また、周りに仲間がいないためモチベーションが上がりづらく、わからない部分は自分で解決しなけれななりません。

かいご畑なら少ない負担で資格がとれる

かいご畑の求人で就職すると、無料で介護資格講座を受講することができます。また、ニッソーネットが時間の調整をしてくれるので、働きながらでも負担なく受講が可能です。

働きながら勉強することでモチベーションも上がりやすく、毎日実践しながら資格を取ることができます。

介護施設の種類と業務内容

特別養護老人ホーム

介護老人福祉施設(特老)とも呼ばれ自治体や社会福祉法人が運営しています。
入所できるのは、「立ち上がりや歩行、食事、排せつ、入浴の際に全面的な介助が必要となる」要介護3以上の人です。

そのため、入浴や排泄の介助、移動などの身体介護がメインとなります。
要介護者に直接触れる身体介護は介護資格をもっていないと行うことができないため、有資格者が中心となる職場です。

介護資格をもっていない場合は、要介護者に触れない仕事をしたり、施設によっては併設しているデイサービスやショートステイ
での業務を行うことになります。

かいご畑経由で就職すれば、まずは無資格でできる仕事をしながら介護資格をとり、仕事内容をステップアップすることができます。

有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの2種類があり主に民間企業が運営しています。

介護付き有料老人ホームは、住居と介護サービスを提供しますが、住宅型は住居だけを提供し、介護サービスは訪問看護やデイサービスを利用します。

有料老人ホームは民間経営が多いため、入居条件や設備、介護に対する考え方がまちまちです。
入職する前にしっかり調べておきましょう。

かいご畑なら、人材コーディネータが施設について詳しく調べてくれます。また、希望があれば事前に施設見学も可能です。

介護老人保健施設

介護老人保健施設(老健)は、社会福祉法人や医療法人が運営しています。

入所するは、介護を必要とする高齢者の中で病態が安定し病院を退院した人です。

医師や看護師による医学的な管理、介護士による介護、作業療法士や理学療法士によるリハビリなどが行われ、家庭への復帰を目的としています。

多職種が一緒に働く環境にあるため、介護の専門家として介護資格はもっておきたいところです。かいご畑なら働きながら介護資格をとることが可能です。

かいご畑はこちらから

かいご畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です